2007年12月10日 (月)

(く) クラッカー CRACKER

 イギリスでは、ハロウィーンが終わると、人々はクリスマスの支度をし始める。クリスマスカードを書いたり、クリスマスツリーを飾り始めたり。そして、店頭にもさまざまなクリスマスの商品が並び始める。中でも、どこに行っても目にするのが、クリスマスクラッカーだ。
 

☆おとなしいクラッカー
 クラッカーといっても、食べるクラッカーではなく、パーティークラッカー。パーティーなどの余興で使われる、紐を引っ張ると音を立てて、中からテープなどが飛び出すものだ。

Cracker  日本では三角コーン型をした小さいものが通常だが、イギリスのクラッカーは馬鹿デカイ。そして、円柱が繋がった形をしている。
 そして、何よりも違うのが、大きな音も鳴らないし、中からテープや紙吹雪も飛び出してこないということ。そして、日本のクラッカーのように付いている紐を一人で引くのはなく、二人で両端を引っ張って開ける代物だということ。

 日本で見かける小さい三角コーン型のクラッカーは、アメリカ生まれのアメリカンクラッカー(American cracker)。それに対して、こちらで見かけるクリスマスクラッカーは、イギリス生まれ。イギリス人なら誰でも知っているが、アメリカなどではあまり馴染みがないようだ。
 

☆イギリスのクラッカーの誕生物語
Cracker_dismantled  イギリスのクラッカーが発明されたのは、1847年(弘化4年)。ロンドンのクラーケンウェル(Clerkenwell)でウェディングケーキの菓子職人をしていたトム・スミス(Tom Smith)という人が生みの親だ。フランスのパリを旅行した際に出会ったボンボン(bonbon)という砂糖がけのアーモンド)のキャンディー包みと、イギリスの自宅の暖炉で火花を上げる薪(まき)から連想して、このタイプのクラッカーを思い付いたのだとか。また、中国のフォーチュンクッキーのアイデアを採用したとも言われている。
 トム・スミス・クラッカー社のHPはこちらから(英語)。

 現在では、トム・スミス・クラッカー社だけでなく、デパートやスーパーなどからも色々なクリスマスクラッカーが出されている。最近では、自分のオリジナルのクリスマスクラッカーを作るためのキットまで発売されている。
 

☆クリスマスクラッカーのお決まり
Cracker_pulled_open  クリスマスパーティーでは、一人ずつ行き渡るように、クラッカーはテーブルの各人の皿の上に置かれているのが一般的。そして、開けるときは、手をクロスさせ、隣り合った人と一緒に引くのが慣わしだ。そして、ちぎれたクラッカーのうち、本体のついた大きいほうを持っている人が中身の賞品をもらうことができる。

 中身は、栓抜きやトランプ、ソーイングセットなどの小物など。グレードによって、今時、ガチャガチャにも入っていないような使えないものが入っているクラッカーもあれば、ブローチやブレスレットなどのジュエリーや高価な香水が入っているものまである。

Cracker_inside  そして、必ず入っているのが、紙でできた王冠と、ジョークが書かれた紙。王冠は、輪になった薄紙の上端がギザギザにカットされているだけのお粗末なもの。それを大の大人までもが喜んで被るというのがお約束なのだ。どこを切っても「ポッシュ(上流階級的)なイギリス人」という40歳半ばの知人も、皆に混じってちゃんと王冠を被っていた。

 そして、ジョークの紙のほうはというと、これも「はぁ?」と言いたくなるようなジョークというのがお決まりだ。例えば、Q:”What must you know to be an auctioneer? (競売をする人として知っておかないといけないことは?” ”Lots.(ロッツ)”---lotsには「たくさん」という意味と競売の組という意味がある。
 
 一応、プレゼントのほうは持って帰る人も多いようだが、王冠とジョークの紙は使い捨て。パーティーが終わった後はその場でゴミ箱行きとなる。
 

☆クラッカーではなくポッパー
Cracker_popper  ちなみに、日本のパーティクラッカーのような派手な音を立てる火薬入りのクラッカーはイギリスにはないのかというと、ちゃんとある。しかし、名前はクラッカー(cracker)ではなくて、ポッパー(popper)。紙製の三角コーンのような形ではないが、ちゃんとパーンという派手な音が鳴って、紙テープが飛び出し、火薬の臭いが立ち込める。
 

 派手な音や色とりどりのテープは出てこないけれど、イギリスのクリスマスクラッカーには、イギリスらしさがぎっしり詰まっているような気がする。クリスマスが過ぎると大量に値引きされて店頭に並ぶところまで、なんだかイギリス的。みんな来年のために買うのだろうか。それとも中身がお目当てなのだろうか。

 
☆ランキング(ブログの人気投票)に参加しています☆
↓応援のクリックを宜しくお願いします。

人気blogランキング FC2 ブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

| | コメント (0)

2006年11月16日 (木)

(も) モノポリー MONOPOLY GAME

☆餞別がモノポリー?
 知人がアメリカに転勤することになった。送別会が開かれたのだが、手渡された餞別(せんべつ)の中に、モノポリーがあった。日本でもお馴染みの、交渉力と運で次々と土地や家を買い、相手を破産させたほうが勝ちという、アメリカ生まれのゲームである。

モノポリー Toy モノポリー

販売元:トミーダイレクト
発売日:2003/10/11

Amazon.co.jpで詳細を確認する 

 ヨーロッパで生まれ育ち、イギリスで4年暮らし、そしてこれからアメリカへと旅立つ彼女への餞別がなぜこれなのかと、本人も含め、皆、思ったに違いない。一瞬、間があったが、すぐに皆、納得したようだ。
 この4年間、彼女が喜怒哀楽を共にしたイギリスの町(都市)を舞台にしたものだったからである。
 

☆都市版やサッカーエディション
 モノポリーは、ディズニーバージョンや、スターウォーズバージョンを始め、様々なバージョンが出されていることでも有名だが、アメリカはもちろんのこと、ここイギリスでまで、さまざまな都市版が発売されている。
 ロンドンはもちろん、マンチェスターや、バーミンガム、エディンバラ、オックスフォード、リバプール、バース、グラスゴー、エセックス、ブリストルなどなど、30以上の都市版が出ているようだ。

←モノポリー、オックスフォード版
(amazon.co.uk) (日本への発送はできないようです。)

これらの都市版の表紙は、こちらのウィニングムーブズ社(Winning Moves UK Ltd. )のサイトでもご覧になれます(英語)。

 そしてまた、さすがは、サッカー発祥の国。リバプールFCやマンチェスター・ユナイテッドFC、アーセナルFCなどのサッカーエディションまで発売されている。

←リバプール, ヨーロッパチャンピオン版のモノポリー(Liverpool - Champions of Europe Monopoly) 
(amazon.co.uk)
(現在は販売していないようです。)

サッカーエディションの表紙も、同様に、こちらのウィニングムーブズ社(Winning Moves UK Ltd. )のサイトでご覧になれます(英語)。

☆イギリス版でも中身はアメリカ的?
 実は、殆どモノポリーをやったことのなかった私。この土地の勉強にもなるだろうと、私の住んでいる町のバージョンをつい買ってしまった。連合いに「無駄遣い」と叱られることを承知で。

 アメリカや日本などで出回っている通常版を殆ど知らないので、断定はできないのだが、イギリスの都市版といっても、駒や家、お金は同じ。家は煙突がついているから、イギリスとしてはOKなのだけれども、残念ながら、イギリスの通貨には必ず載っているエリザベス女王の顔は見当たらなかった。

 一応単位はポンドという設定になっているようだ。実際には、100ポンドや500ポンドなんてないし、50ポンドも見たことがない。なんか現実っぽくないなと思っていたら、紙幣ではなくカードで清算するバージョンが出ている。それも、イギリスで普及しているビザ・デビットカード(Visa debit cards)だ。そのニュース(BBC)はこちら(英語)。画像もご覧になれます。

 説明書を読みながら、遊んでいる間に、またもや違和感にとらわてしまった。このボードゲームは土地を買ってそこにを建てることを中心に進んでいくのだけれど、イギリスの家は殆ど建て売り。行政の許可なく、家を建替えてはいけないのだ。土地を買って、そこに家を建てるなんて、ほんの一部の地方に住むかなりの裕福な人達のみだ。
 イギリス都市版なのだが、中身はやはりアメリカ流という感じがした。
 

☆イギリス人がモノポリーにはまる理由は?
 イギリス人は概してアメリカのものを嫌うことも多い。それにも拘らず、このアメリカ生まれのアメリカ式のボードゲームは、イギリスでとても普及している。

 都市版やサッカーチーム版は、街のおもちゃ屋かインターネットショッピングでしか手に入らないようだが、スーパーの狭いおもちゃ売り場スペースにも必ずモノポリーが堂々と置かれているを目にする。

 冒頭の送別会の時も、都市版とわかった時点で、側にいた典型的なイギリス人がすぐさま「一番(土地の値段が)高い場所はどこなんだ?」と尋ねていたし、もらった彼女と一緒に渡米するイギリス人の彼氏は、謙虚な彼には珍しく「おれは(モノポリーで)負けたことがないんだぜ。」と言っていたし。
 イギリスではかなり一般的なゲームなのだろう。マニアの人も多くいるようだ。

 人を破産させるのが好きかどうかは知らないが、イギリス人はマネーゲームが好きな人が多いように思う。
 オークションも大好き。骨董品のオークション番組だけでなく、家の内装をきれいにして高く売る番組や交渉術で一攫千金を得る番組もこちらの定番中の定番だ。モノポリーがこの国の人達を魅了してきた理由はここにあるのかもしれない。
 

☆日本のバージョンは?
 日本にも、日本版のモノポリージャパンのほか、最近、特別版として六本木ヒルズ版や秋田県版が発売されたそうだから、いろんな日本の都市版もこれからどんどん出るのだろうか。

モノポリージャパン (デザイナーズエディション) Toy モノポリージャパン (デザイナーズエディション) 

販売元:トミーダイレクト
発売日:2003/10/11

Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

 私が買った我が町バージョンは、典型的なランドマークも入っているものの、半分は知らない土地や道だった。イギリスの通常版であるロンドンバージョンの地名のほうが、ピカデリーだの、ハリーポッターでお馴染みのキングスクロス駅だの、ボンドストリートだの、高級住宅街メイフェアだの、馴染みがあるぐらい。

 もしかして、都市版は、住んで数年の日本人にはわからない、通(つう)向けのものなのだろうか。もっと、自分の住んでいる町をよく知らなくては、と思わされた一件だった。
 

☆ランキングに参加しています☆
気に入ってくださったら、 ←クリックしていただけるとうれしいです。

| | コメント (0)

2006年7月31日 (月)

(す) 数独 SUDOKU

Sudoku_1 ☆イギリスで大流行、「スードク」
 こちらイギリスでは、数年前から”sudoku(すうどく)”というペンシルパズルが大流行している。

 「すうどく」。漢字で書くと、「数独」である。その名のとおり、日本の数字パズルで、9x9のマス目にタテ、ヨコ、3x3の区間の中に1~9までの”数”字を”独”り(一つ)だけ入れるというペンシルパズルである。
 

☆数独はいつから?
 「数独」という名前は、日本のパズル雑誌、二コリの商標登録で、1980年代(昭和50年代半ば)からあるそうである。ナンバープレースとも呼ばれている。
 2004年(平成16年)12月に、イギリスの有力紙、タイムズ(The times)に掲載されたのが、こちらイギリスでのブームのきっかけだそうだ。
 

Puzzle Series Vol.3 SUDOKU 数独 Video Games Puzzle Series Vol.3 SUDOKU 数独 

販売元:ハドソン
発売日:2006/03/23

Amazon.co.jpで詳細を確認する

←これはゲームのようですが、イギリスの名探偵、シャーロック・ホームズの絵柄だったので。

 
Sudoku_man☆猫も杓子も、紳士も淑女も
 今や、こちらの新聞、雑誌には必ずといっていいほど数独が載っている。また、数独のパズル本がベストセラーになっている。つい最近も、ごく普通のある書店を覗いてみたら、ノンフィクションコーナーの2位、4位、6位を占めていた。猫も杓子も数独である。
 イギリス紳士風の人から若い女の子まで、電車や地下鉄でも数独片手に考え込んでいる姿をよく見かける。 
 

☆人気の理由は?
 それにしても、ここまでブームになるとは。問題用紙とペンさえあればどこでもできるという手軽さと、数字を並べるだけというシンプルさが、質素を好み、もともとクロスワードなどのペンシルパズルが大好きな国民に受けているのかもしれない。

 数独をするのに、難しい単語を知っている必要はないし、問題のレベルも様々なので、年齢を問わず誰にでもできるというのが、数独の魅力かもしれない。移動中の暇つぶしとして最高なのだと思う。
 ネット上でも、数独サイトがあるが、依然、数独本の人気は高い。また、イギリスに限らず、ヨーロッパの国々でも人気だそうである。でも、どうして、異国の地でだけ、こんなにブームなのだろう。
 

☆日本でよりも断然人気
 実は、私は昔から、この手のペンシルパズルが大好きで、当然、数独にもどっぷりはまったタイプである。しかし、私の周りの日本人達、親兄弟や友人達は、これに見向きもしなかった。

 一般的にみても、日本では、一部のファンを除いてはそれほど浸透しなかったように思う。この記事を読んで、数独の存在を知った人も少なからずいるのではないだろうか。

 携帯メールや電子ゲームが普及していなかった頃の日本でも、数独はそれほど流行っていなかったように思う。車内では、皆、同乗者と会話しているか、本や雑誌を読んでいるか、音楽を聴いているか、景色や吊り広告を見ながら考え事をしているか、寝ているか。いくら思い返してみても、鉛筆片手に小さな冊子を睨んでいた人の姿は浮かんでこない。

 国民性の違いなのだろうか。文化の違いなのだろうか。よくわからない。
 

  最近では、”Shogun Sudoku(将軍数独)”だの”Fundoku(フンドク?)”だの、いろんな数独系のペンシルパズルまで、広まっている。
 こちらのテレビのクイズ番組はシンプルで、文字の並び替え番組も多い。そのうち、数独のテレビ番組が開始されるのではないかといささか不安である。
 

☆ランキングに参加しています☆
気に入ってくださったら、 ←クリックしていただけるとうれしいです。

| | コメント (6)

2006年4月 3日 (月)

(ぬ) ぬいぐるみ SOFT TOY

 近頃は、キャラクターから日用品まで、何でもぬいぐるみになってしまっているが、イギリスのぬいぐるみは比較的、動物限定でオーソドックスなような気がする。Stuffed_toy_tatty_teddy

☆おんぼろクマのタティ・テディ
 私がイギリスで最初に出会ったぬいぐるみは、”tatty teddy(タティ・テディ)”。日本語にすると、「おんぼろクマちゃん」になるのだろうか。ツギハギのついた灰色のクマである。ヒースロー空港のUFOキャッチャーにあったのだが、ツギがイギリスの国旗であるユニオンジャックになっていた。

 通常のタティ・テディは、普通の灰色のツギに、水色の鼻。HPに入ると、ほのぼのとした誕生の物語が絵本の形で紹介されている。手違いで捨てられてしまった普通のテディベアが、冬の雪や寒風にさらされて、ぼろぼろになり、寒さのあまり色が変わってしまったが、春になって、ある女の子に拾われて、修繕され、愛され続けたというもの。

 タティ・テディは、カート・ブランチ・グリーティング社(Carte Blanche Greeting Ltd.)というイギリスのグリーティングカード会社が1987年に生み出したキャラクターで、1995年に今の灰色の姿になったそうだ。比較的かなり新しいのだが、こちらではかなりメジャーなようで、グリーティングカードやその他のグッズがあちこちに出回っている。タティテディの紹介サイトはこちら(英語)。”About Us”の”The Story Book”からウェブ絵本が見れます。
 

☆イギリスのぬいぐるみメーカー
 イギリスのぬいぐるみメーカーといえば、メリーソート社(Merrythought Ltd.)。1930年からある国内最大の老舗のぬいぐるみメーカで、現在は王室御用達にまでなっている。一番有名なぬいぐるみは、テディベアのチーキー・ベア(Cheeky Bear)だろう。大きな耳が顔の横に付いたクマのぬいぐるみである。その他、真っ黒な顔や体の人型のぬいぐるみ、ゴーリー(Golly)も人気があるようだ。動物型のは、この国では一般的な動物のハリネズミやヤギなどがある。メリーソート社のHPはこちら(英語)。日本へも配達できるようです。

メリーソート社のチーキー(楽天市場)

 
 日本では布絵本で有名なジェリーキャット(Jelly Cat)も、サルやゾウ、カバなど様々な愛らしいぬいぐるみを販売している。こちらは1999年創業とかなり新しい。ジェリーキャットのHPはこちら(英語)。日本への配達はしていないようですが、いろんなぬいぐるみを見ることができます。
 

☆クマのぬいぐるみは依然人気?
 それでも、やはり、クマのぬいぐるみの人気は高いように思う。くまのプーさん、くまのパディントンもイギリス発祥のキャラクターだし、あちこちでこれらのクマのぬいぐるみにお目にかかることができる。観光地では、警官や衛兵や学者などの格好をしたクマのぬいぐるみに出会うことができる。いかにも観光客向けという感じがするが。我が家にも、観光地みやげのくまのプーさんがある。
 

☆「柔らかいおもちゃ」のぬいぐるみ
 ちなみに、ぬいぐるみを英語でいうと、”stuffed animal(スタッフト・アニマル、直訳すると、「詰め物された動物」)”や”stuffed toy(スタッフト・トイ)”になるが、こちら、イギリスでは、”soft toy(ソフト・トイ)”というのが一般的である。
 

☆ランキングに参加しています☆
気に入ってくださったら、 ←クリックしていただけるとうれしいです。

| | コメント (4)

2006年3月20日 (月)

(へ) ペーパーバック PAPERBACK

 こちらには文庫本がない。厳密にいうと、文庫本サイズの文庫本がない。それに相当するものがペーパーバックである。本屋やスーパーの書籍コーナーには所狭しとペーパーバックが並んでいる。
 Paperback_comparison

☆欧米の文庫本、ペーパーバック
 ペーパーバック(paperback)を直訳すると「紙の背表紙」になる。硬い厚紙表紙のハードカバー(hardcover、hardback)と対比された言葉だと思う。日本でも洋書として一部出回っているため、目にされた方は多いと思うが、日本の文庫本と比較して、サイズが大きく分厚いのが特徴である。倍近いものもある。
 また、表紙カバーがついておらず、その代わりに表紙が軽くコーティングされていて、文字や絵に凹凸が付いていたり、目を引くようなきれいなデザインのものが多い。

 日本の書店で本を購入すると、大抵、紙カバーを付けてくれるが、こちらではそのようなサービスはない。実際、カバーの付いた本を読んでいる人を見かけない。皆、表紙を隠すことなく堂々(?)と本を読んでいる。そのため、どんな本が広く読まれているのか、目の前で読んでいる人がどんな趣味の人なのかがわかって、興味深い。
 

Paperback_authour☆タイトルはどっち?
 ペーパーバックに限らず、本全般のことになるのだが、一つ気になることがある。表紙や背表紙の著者の扱いである。日本の本の場合、大きく書かれた本の題名の下にやや小さな文字で著者名が記されている。こちらの本の場合、特に売れっ子作家の場合などは、著者名が大きく先に記され、その下に小さく本の題名(タイトル)が載っていることがよくある。本の題名が人名である場合など、日本の感覚で見ていると、どっちが著者でどっちが題名なのかわからなくなってくる。私だけかもしれないが。
 

☆ペーパーバックのジャンル
 ジャンルは大きくノンフィクション、フィクションに分かれており、日本の文庫本と同様、ノンフィクションはエッセイや伝記、ハウツー本がメインのようである。フィクションも同様に多彩である。同じ英語圏なのでアメリカの本も多く出回っている。日本の本はあまり翻訳されていないが、村上春樹の本が人気があるようだ。宮部みゆきの本を見かけたこともある。映画、『日の名残り』の原作者、カズオ・イシグロ(石黒一雄)の作品も多く見かける。こちらは英語のものが原著だが。

日の名残り コレクターズ・エディション DVD 日の名残り コレクターズ・エディション 

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2006/02/01

Amazon.co.jpで詳細を確認する

☆見た目の割に高価
 残念なのは、紙の質が悪いことである。印刷面がずれていたり、印字の濃さがページによって違っていたりすることも、しばしばである。そして、何よりも困るのが、値段が高いこと。1冊大体7ポンド(約1400円)以上する。日本のハードカバー並だが、こちらのハードカバーはもっと高い。しかし、どこのお店でも、時々、セールをおこなう。1冊4.99ポンド(約1000円)とか、3冊買って2冊分とか、3冊買って18ポンド(約3600円)とか。それでも日本のに比べると高いが。
 

☆イギリス人にはお手頃サイズ?
 大きくて持ち運びにくく高いにもかかわらず、電車や地下鉄内でペーパーバックを読んでいる人をよく見かける。ペーパーバックではないが、図書館の隅に埋もれてそうな茶色く変色した本を読んでいる人もときどき見かけるので、ペーパーバックはこちらの人にとって日本の文庫本のようなリーズナブルな本なのだろう。皆、体が大きいので、この本の大きさはちょうどいいのかもしれない。
 

☆ランキングに参加しています☆
気に入ってくださったら、 ←クリックしていただくとうれしいです。

| | コメント (0)