2008年3月10日 (月)

(く) クランペット CRUMPET

Crumpet  マフィンを知っている人は多くても、クランペット(クランペッツ)と聞いて、それが何かわかる人は日本には少ないかもしれない。クランペット(crumpet)は、パンのようなケーキのようなイギリスの食べ物だ。

 大きさは、大体直径8~10cm、厚み1.5cm強。マフィンや、ちょっと薄めの今川焼き(大判焼き、回転焼き)といったところだろうか。一見、分厚い小さいホットケーキのようにも見える。
 

☆ポイントは表面の穴凹
Crumpet_section  何といっても、クランペットの最大の特徴は、片面の蜂の巣のような穴だろう。ホットケーキを焼いたことのある方なら体験済みだろうが、最初に生地の片面を焼いているときに、もう片面にブクブク泡が現れる。その泡の跡が全部そのまま残ったような、小さな奥深い管のような穴が片面にびっしり開いている。

 見栄えはあまりよくないが、クランペットをおいしくしているのはこの穴だと言えよう。食べ方としては、パンやマフィンのようにトーストしてバターやジャムなどを塗って食べるのが一般的だ。

 小さく分厚いが、このボコボコの穴が奥深く開いているおかげで、バターやジャムなどが滴り落ちることなく、たっぷりと塗ることができる。だから、食パンのようにそのままかぶりつくことができる。

 また、パンやマフィンと違って、クランペットの生地はしっとり、もちもちとしている。しかし、この穴のおかげで重たくならず、不思議な食感が味わえるのだと思う。
 

☆ケーキよりパンの仲間。クランペットの作り方
 見かけは小さいホットケーキのようなクランペットだが、味は、パンのようにうっすら塩が効いており、ほんのりイーストの香りがする。あっさりしているので、バター、ジャム、マーマイト、はちみつ、チョコレートシロップ、チーズ、レモンカードなど、甘いものでも塩系のものでもどちらでもよく合う。

 ボコボコの穴、もちもちの食感、そして、何にでも合うあっさり味の秘密はその材料と作り方にあるようだ。クランペットの材料は、小麦粉、温めた牛乳、湯、ドライイースト、そして少量の塩と砂糖のみだ。
 これらの材料を混ぜて1時間ほど発酵させ、油を塗った鉄板の上に置いたクランペットリングと呼ばれる金属の鋳型に流し込んで10分ほど焼くと出来上がりだ。
 クランペットの作り方は、こちらのBBCのレシピサイトからご覧になれます(英語)。

 
☆作るより買ったほうが楽?
 しかし、実際に作ったことがないのでどうなのかはわからないのだが、クランペット特有の蜂の巣のような穴が残るように焼くのは案外難しいそうだ。2002年のBBCニュースでは、完璧なクランペットを焼く方法を研究するために、4万ポンド(約8百万円)を費やしたサウサンプトン大学とレディング大学の数学研究者の話が紹介されている。そのBBCニュースのサイトはこちら(英語)。

Crumpet_on_the_market  そして、実際にクランペットを焼いている家庭は少ないように思う。どこのスーパーに行っても、そこそこの味の市販のクランペットが格安で売られているからだ。もちろん、スーパーのブランドのものもある。8枚入りで0.4ポンド。食パンを買う感覚でクランペットを手に入れることができる。
 

☆暖炉でクランペットは憩いの証?
 クランペットは、20世紀頃まではイギリスの朝食の定番だったようだが、今では昼や夕方の軽食として食されているようである。一昔前までは、寒い冬の日に家族や友人と共に暖炉でクランペットをあぶりながら紅茶を飲むというのが、イギリスの中流階級の人達の典型的なくつろぎの光景だったようだ。
 映画でもお馴染みのJ. K. ローリングの『ハリーポッターと賢者の石(Harry Potter and the Philosopher's Stone )』でも、仲の良い主人公達が休暇中に暖炉でクランペットをあぶるシーンが登場する。

←ハリーポッターと賢者の石の
  DVDとペーパーバック (amazon jp)

 日本で言うと、囲炉裏やストーブで餅を焼くようなものなのだろうか。

 

☆名前の由来は?
Crumpet_snack_bar  クランペットという変な名前が使われ始めたのは18世紀頃からのようだが、それ以前からあったクロムピッド・ケーキ(crompid cake)というものがクランペットの前身ではないかと言われている。昔の鉄板で薄いケーキを焼くと端が上に反り返ることがよくあったが、”crompid (クロムピッド)”とはそういった「反り返る」ことを指す言葉だそうだ。

 この”crompid (クロムピッド)という言葉が”crimp (クリンプ、縮らせる)”やクランブルの語源ともなった”crumb(クラム、パンくず)”といった言葉と一緒になって、クラムピット(crumpit)となり、そして、クランペット(crumpet)になったのだろうと言われている。
 

☆「クランペット」のもう一つの意味
 クランペットという言葉にはもう一つ意味がある。1930年代に生まれたイギリスのスラングで、「セクシーな女性」という意味だ。当時、若い男性達が魅力的な女性の譬えに使うほど、クランペットは皆の大好物としてもてはやされたのだろう。
 現在では男性に対しても使われている。また、猥語(わいご)として使われることもあるので要注意だ。
 

☆ランキング(ブログの人気投票)に参加しています☆
↓応援のクリックを宜しくお願いします。

人気blogランキング FC2 ブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

|

2007年9月20日 (木)

(き) きのこ -前編- MUSHROOM -part1-

 味覚の秋。きのこが美味しい季節だ。日本でキノコといえば、しいたけ、しめじ、えのきたけ、松茸、エリンギ、なめこ、まいたけ、ひらたけといったところだろうか。
 
 イギリスでは、一にも二にも、まずマッシュルーム。ビートルズの髪型、マッシュルームカットでもお馴染み、日本でも普及しているツクリタケという和名をもつ丸いきのこだ。イギリスの店頭にあるきのこの95%は白いマッシュルームだそうだ。
 そう聞くと、イギリスのきのこには全くバラエティがないように感じられるかもしれない。しかし、実際、いろんな形や味のマッシュルームがイギリスで出回っている。Mushroom_closedvsopen
 

☆マッシュルーム---出世魚ならぬ、出世きのこ
 一番よく見かけるのが、日本でもお馴染みの白く丸いマッシュルーム。イギリスでは、クローズドカップ・マッシュルーム(closed cup mushroom)という名で出回っている。

Mushroom_white_variety_2 クローズドカップ(closed cup)とは、「(きのこの)傘が閉じている」という意味。そして、対照的に、傘の開いた「オープンカップ(open cup)」というものもある。しかし、これらのマッシュルームは品種が異なるわけではない。収穫時期の違う同種のマッシュルームなのだ。

 日本のきのこは、どの段階で収穫されようと、椎茸は椎茸、シメジはシメジと、名前が変わることはない。Mushroom_name_4
 しかし、イギリスのマッシュルームは、収穫される段階によって異なった名前が付けられている。それは、1週間に渡り、24時間で倍の大きさになり、見かけも味も異なるものに生長するからだろう。

 最初は、ボタン(マッシュルーム)、次がクローズドカップ・マッシュルーム(closed cup mushroom)、その次がオープンカップ・マッシュルーム(open cup mushroom)、そして、フラットマッシュルーム(flat mushroom)。

Mushroom_button_saute ・ボタン・マッシュルーム
 ボタン・マッシュルーム(button mushroom)は、直径2~3cmの小さく丸いマッシュルーム。名前の通り、洋服のくるみボタンのような可愛らしいマッシュルームだ。ベイビーボタン(baby button)と呼ばれることもある。
 味は淡白で、歯ざわりがしっかりしている。この特徴と大きさと生かして、そのままや半分に切って炒めたり、サラダに入れたりすると美味しいように思う。こちらでは、そのままキャセロールに入れられることも多いようだ。

Mushroom_closed ・クローズドカップ・マッシュルーム
 次の段階が、クローズドカップ(closed cup)。日本の一般的なマッシュルームのイメージといえばこれだろう。前述の通り、イギリスでも一番よく出回っているタイプだ。大きさは、3~6cmほど。

 量り売りもされており、20個ほど入った250g入りが0.5~0.7ポンド(約100~150円)ほどとかなりお手ごろだ。薄切りのパックやパプリカやもやしなどとセットになったものもよく見かける。試したことはないが、缶詰も売られている。

Mushroom_closed_pasta  汎用性が高く、焼いても煮ても適度な歯ざわりと香りを楽しむことができるのが、クローズドカップのよいところ。薄切りや四つ切りにして炒め物やパスタに入れたり、サラダに入れたり。また、次項のオープンカップ・マッシュルーム同様に、マッシュルームスープに使われたりもしているようだ。

・オープンカップ・マッシュルーム
 その次が、オープンカップ(open cup)。クローズドカップより、1、2周り大きめの傘が開いたマッシュルームだ。軸の周に細かいヒダが見える。

 この時期になると、歯ざわりよりも、舌触りや香りを味わうものという感じ。ソテーにしたり、グリルで焼いたり、薄切りにして炒めものに入れたりするのに向いているように思う。
 また、刻んだ香味野菜とともに炒めてマッシュルームスープにもよくされるようだ。

 オープンカップ・マッシュルームは直径も厚みもあるので、ひき肉詰めにするのもお勧めだ。
 実際、スタッフト・マッシュルームというレシピもよく見かける。ただ、この場合は中に詰めるのは、ひき肉ではなく主にチーズ。中には、カニやリンゴなどを加えるレシピもある。刻んだフレッシュハーブや摩り下ろしたニンニクを混ぜて、パン粉、粉チーズをかけてオーブンで焼いた料理だ。そのレシピと写真はこちらのイギリスの大手スーパーの一つ、ASDAのサイトからご覧になれます(英語)。

Mushroom_open_flat・フラット・マッシュルーム
 そして、最後が、フラットマッシュルーム(flat mushroom)。ラージフラットマッシュルーム(large flat mushroom)と呼ばれることもある。大きさは大体直径10cmほど。
 大きな傘の裏側には無数の奥深いヒダが走っている。肉厚で、香り高いきのこだ。
 
 こちらも、オーブンやグリルで焼いたり、詰め物にされたりすることが多いようだ。BBQにもお勧めだそう。Mushroom_monster_2

  モンスターマッシュルーム(monster mushroom)、直訳「おばけきのこ」と呼ばれる、直径15~20cmのフラットマッシュルームもたまに市場に出ている。
 

☆ブラウンマッシュルーム---栗きのこ
 白だけでなく、茶色の傘のマッシュルームも出回っている。日本でブラウンマッシュルームと呼ばれているきのこだ。イギリスでの名前はチェストナッツマッシュルーム(chestnut mushroom)。直訳すると、「栗きのこ」。
Mushroom_chestnut  ホワイトマッシュルームに比べて、香りも香ばしく、歯ごたえもあるマッシュルームだ。

・種類
 こちらも、ホワイトマッシュルームのように、収穫時期よって呼び名が違っている。
 ボタンマッシュルームにあたるポータベリニ(portabellini)、クローズドカップにあたるチェストクローズドカップ、オープンカップにあたるブレックファスト(breakfast)、そして、フラットマッシュルームにあたるポータベロ(portabello)Mushroom_portabello

 やはり一番普及しているのは、チェスト・クローズドカップ。250gで0.7~0.9ポンド(約140~180円)。次が大きなポータベロだろう。2枚入って1ポンド(約200円)。
 ポータベロという名前は、マッシュルーム業界市場で作られた名前だそう。だから、時と場所によって、”Portobella ”や”Portabello”といった微妙に違う名前で表示されていたりするようだ。おそらく、ポータベリニも同様だろう。

Mushroom_in_breakfast_2  ブレックファスト・マッシュルームは、英国式朝食(イングリッシュ・ブレックファスト、English Breakfast)にしばしば登場するマッシュルーム。
 料理名はフライドマッシュルーム。その名の通り、丸ごと油で炒められ(揚げられ)た黒い大きな物体にびっくりする人も多いかもしれない。しかし、ブラックプディング同様、焦げているわけでも傷んでいるわけでもないのでご安心を。
 

・使い方
 チェストナッツマッシュルームの使い方は、同時期のホワイトマッシュルームのものとほぼ同じと考えていいように思う。ただ、難点は茶色い色が染み出やすいこと。色鮮やかに仕上げたい炒め物や色の薄い煮物などにはあまり向いていないかもしれない。
 

☆我が家のおすすめのマッシュルームの食べ方
・ボタン・マッシュルームを生食
 好き嫌いが分かれるかもしれないが、マッシュルームの食べ方として、一度は試していただきたいのが、生食。

 日本では元来きのこを生で食べる習慣はないが、イギリスの養殖されたマッシュルームは生で食べることができ、しばしば、そのままサラダに入れられたりしている。生食に向いているのは、香りが穏やかで歯ざわりのあるボタン・マッシュルームやクローズド・マッシュルーム。

 日本のきのこは、しばしば軸やいしづきを除く作業が必要だが、マッシュルームは軸の処理は要らない。もちろん、水洗いをする必要もない。

・ラージフラットマッシュルームの焼き物とひき肉詰め
 そして、きのこ好きの方に是非ともお勧めしたいのが、ラージフラットマッシュルーム。

Mushroom_grilled あまりのサイズの大きさに、味も大味なんじゃないかと、我が家でも最近までずっと敬遠していた。しかし、食べた途端、このマッシュルームに対する見方が180度変わってしまった。
 あっさりとしたクローズドカップとはまた異なり、きのこらしいよい香りがする。加熱しても程よい弾力があり、熟成したきのこの美味しさを楽しめる。

 我が家では、そのままグリルでじっくり焼いたものをレモン醤油やポン酢と七味をかけてよく食べている。この焼き物は特にボータベロがお勧め。連合いも喜ぶ一品だ。

Mushroom_stuffed  また、もう一つのお勧めレシピとして挙げたいのが、ひき肉詰め。日本ではしばしば椎茸が使われるが、味は異なるが、断然フラットマッシュルームを推薦したい。傘が大きいので詰めやすく、傘を逆さにしても安定しており、ヒダの目が細かく深いため、詰め物が外れにくい。また、厚みがあるため肉と対等にきのこを味わうことができる。
 詰めてオーブンに放り込むだけで、ジューシーなメインの出来上がり。よいことづくめの料理だ。

 もちろん、ごく普通にスライスして炒め物に入れたりしても充分に香りと舌触りを味わうことができる。日本でどの程度出回っているのかよくわからないのだが、でっかい傘の開いたマッシュルームを見かけた際は是非お試しを。
 

☆マッシュルームにまつわる疑問
 ところで、白いボタンマッシュルームから茶色いポータベロまで、これらのマッシュルームのパッケージを見ていて気がついたのだが、イギリス国内で栽培されたもののほか、なぜかオランダ産が多い。オランダはマッシュルームの産地として有名なのだろうか。

 また、よくは知らないのだが、日本で、シャンピニオンエキスというものが口臭や体臭を抑えると話題になっているのだとか。これ、実はマッシュルームから抽出されたエキスだそうだ。シャンピニオン(Champignon)とは、フランス語でマッシュルームのこと。
 ただ手軽で美味しくヘルシーという理由で、2、3日に1度は必ずマッシュルームを食べているうちの家族。いつかマッシュルームの防臭効果を実感できる日がくるのだろうか。

←シャンピニオンエキスの入った消臭錠剤(楽天市場)

 後編では、マッシュルーム(=ツクリタケ)以外のきのこをご紹介します。お楽しみに。

 
☆ランキングに参加しています☆
気に入ってくださったら、 ←クリックしていただけるとうれしいです。

| | コメント (2)

2006年9月14日 (木)

(か) カップ麺 POT [CUP] NOODLE

Instant_noodle_1 ☆イギリスのカップ麺にはまっている理由
 このところ、カップ麺(インスタントヌードル)を買って食べる頻度が高い。日本でもここ何年かは殆ど食べていなかったのにだ。歳も歳だし、体によくないインスタント食品はなるべく口にしないようにと思っているのだが、見たことのない商品が店頭に並ぶと、ついカゴに入れてしまう。

 理由は、ずばり、イギリスのカップ麺が恐ろしく不味いからだ。外国由来の食品は、自国民の味好みに合わせてアレンジされることが多いので、もとの国の人にとってしばしば不味く感じられがちである。こちらのカップ麺もしかりといいたいが、そういうレベルではない。麺も汁も信じられないほど不味いのだ。
 麺も、コシがないだけでなく、スープパスタをイメージしたのかブチブチに切れていたり、何分経ってももどらなかったりするものもある。汁も、何の味かわからないけれどひらすら辛かったり、妙に甘かったり、やたらショウガの味がきいていたり。とにかく、すべてが不味いのだ。

 じゃあ、なぜ見るたびに毎回買ってしまうのかというと、「こんな不味い商品がありえるはずはない。きっと、まだマシな製品があるにちがいない。」と思っているから。要は意地になっているのである。
 

☆カップ麺の種類
Instant_noodle_package  私の意地を後押しするかのように、オリエンタルな味のものから洋風の味のものまで、様々な種類(味)のカップ麺が店頭に並んでおり、次々と新商品が店頭に並ぶ。不思議なことに、どれも売れているようだ。

 しょうゆベースのチャーメン味(Chow Mein、焼きそば味?)やチキン味やオリエンタル風味、トマトソースベースのビーフ&トマト味やフライドチキン味、カレーソースベースのチキンカレー味など。中には、甘味(sweet and sour)なんてものもある。チリソース味のボンベイ・バッド・ボーイというのもよく見かける売れ筋商品のようだ。スーパーブランドのものもある。Photo_6

 値段は0.5~0.8ポンド(約100~160円)と、日本のものと大差ない。
 どれも、日本のカップ麺のような断熱効果のある発泡スチロールの容器ではなく、普通の耐熱プラスティック様の容器や紙の容器に入っている。中には湯の注ぎ線が分かりにくいものもあるので要注意だ。
 また、好みで入れるようになっているしょうゆやトマトソースなどの小袋が付いているものも多い。
 

☆実は日本のカップ麺がベース
 こちらのメジャーブランドの一つ、ポットヌードル(Pot noodle)によると、イギリスにこのカップ麺が入ってきたのは、1979年(昭和54年)のこと。日本のカップ麺をもとに「改良」されたものだそうだ。今では、十代の若者を主体に、1分間に300個食べられているという人気の商品のようだ。
 

 「洋風のものならまだマシかも。」とか、「いや、日本のカップ麺に近いと思われるオリエンタルのものなら・・・。」とか、「このメーカーなら大丈夫かも。」なんて思いながら、毎回、わずかな望みを胸にして、湯を注いで待つのだが、今のところ、まだ「マシ」と呼べるものにすら出会ったことがない。

 もちろん、日本食材店やオリエンタル食材店にいけば、日本のカップ麺や、それに近い中国や韓国のものを手にすることができる。でも、それでは意味がない。イギリスにもおいしいカップ麺があることを確かめたいのだ。
 ちなみに、連合いは一度食べて以来、見向きもしない。
 

(私信) 日本にいるお父さんお母さん、そんなに食べているわけではないので、ご安心ください。(せいぜい、月に1、2個です。) 
 

☆ランキングに参加しています☆
気に入ってくださったら、 ←クリックしていただけるとうれしいです。

| | コメント (4)