2008年3月 3日 (月)

(し) 地震 EARTHQUAKE

☆25年ぶりの大地震
 ついこの間の2008年2月27日、ここイギリスで25年間で過去最大の地震が起こった。起こったのは夜中の1時。大きさはマグニチュード5.2の中地震で、震源地はイギリス東部のリンカンシャー(Lincolnshire)。南部のブライトン(Brighton)やスコットランドのエディンバラなど、イギリス全土のあちこちで揺れが観察されたそうだ。一部で多少の家屋の損害はあったものの、死傷者はでなかったようだ。
詳しくはこちらのBBCのニュースをどうぞ(英語)。

 イギリスに住み始めて数年になるが、今まで一度も地震を経験していなかった。日本では年に数度、「今、揺れたよね?」と周りの人とざわざわしていた。しかし、イギリスでは地面に振動があっても、我が家の薄い床板を伝わる近所の大音量の騒音や建設現場の音だったりする。
 こっちの人に尋ねても皆、地震を経験したことがなかったようだ。
 

☆イギリスの地震の頻度
Earthquake_recent  実際、イギリスでは、どれぐらいの頻度で地震が起きているのか。英国地質調査研究所(British Geological Survey, BGS)によると、イギリスでは大体年間に200~300の地震が起きているそうだ。

 結構、頻度が高いように思われるかもしれないが、そのうち、体感できる揺れはせいぜい30ほどで、殆どがマグニチュード3(M3)未満の微小地震。M4以上の中地震でも2年に1回。M5以上の中地震に至っては8年に1回しか起こらないそうだ。
 地震の分布地図は、こちらのBGSのサイトでご覧になれます(英語)。

 一方、お馴染み日本の場合は、M6以上M7未満のものでも年に十数回起きているし、M7以上の大地震でも年に1、2回の頻度で発生している。気象庁が毎月公開している地震の数を集計してみたところ、2006年(平成18年)、日本全国でM4以上の地震は983回起こっていたようだ。

 そう、イギリスでM4の中地震が起こる確率は、なんと、日本でM7の大地震が起こる確率よりも低いのだ。
 

☆イギリスには「震度」はない。
 ところで、地震の大きさや揺れを表すとき、日本では「マグニチュード」と「震度」という単位が使われる。
 ご存じのとおり、マグニチュードは地震そのものの大きさを表す単位なのに対して、震度とはある場所での揺れの程度を表すもの。だから、マグニチュードが小さい極小地震でも、震源地から近ければ大きく揺れ震度は高くなる。逆に、マグニチュードが大きい大地震でも、震源地から遠ければあまり揺れず震度は低くなる。

 一方、イギリスでは、「震度」という単位は使われない。私たちが知っている震度は日本の気象庁が1884年に制定したもので、海外では使われていない。震度を英訳すると、”seismic (intensity) scale* (地震強度の尺度)”だが、海外の人に説明する時にはジャパニーズという言葉を頭につけたほうがよいようだ。*発音はサイズミック・インテンシティ・スケール。

 一応、ヨーロッパではEMS(European Macroseismic Scale、欧州大地震尺度)という12段階の震度表示があるようだが、実際にイギリスで使われているのを見たことがない。大地震の被害を殆ど被っていないイギリスでは、震度表示を使う必要性はあまりないのかもしれない。
 EMSについてもっと知りたい方ははこちらのgeography-siteのサイトをご覧ください(英語)。
 

☆イギリスの有名な地震
 日本では、1923年(大正12年)9月1日の関東大震災、1995年(平成7年)1月17日の阪神大震災、2004年(平成16年)10月23日新潟県中越大震災など、全国で様々な被害をもたらし、多くの人が亡くなった。

 私の家族も連合いも大きな地震を経験し、当時の凄まじい経験を話してくれる。大きな揺れで、も家具も食器も次々に壊れ、電気もガスも水も通じなくなる。家の外に出ると、建物も崩壊し、町の様相がガラッと変わっているという。地域によっては火災が起き、一面が火の海になる。話を聞くだけでも恐ろしい。

 冒頭のとおり、今回の地震はイギリスではここ約25年で最大の地震。それまで、ここ10年で最大だったと言われていたのが、2002年(平成14年)9月23日、イギリスの中西部、バーミンガムの西北西にある町、ダッドリー(Dudley)で起こった、ダッドリー地震だそうだ。ロンドンやウェールズ、ビートルズの出身でお馴染みリバプールでも揺れが観測されたそうだが、M4.7の小地震。死者は出ていない。

 そして、イギリス最大の地震といわれるのが、1931年(昭和6年)6月7日に、ヨーロッパ大陸とイギリスのグレートブリテン島の間の北海で起こったドッガーバンク(Dogger Bank)地震だ。地震の大きさは、M6.1の中地震。イギリス全土のみならず、ドイツやフランスでも揺れが観測されたほどの地震だったが、幸い、死者はなかったようだ。地震のショックで心臓発作を起こしてなくなった方がおられたり、ロンドンの有名な蝋人形館の人形の首が1つ落ちてしまったりはしたそうだが。
 

☆地震を知らない人たち
 もちろん、欧米自体に地震が少ないわけではない。カリフォルニアなどアメリカでの地震も多く耳にするし、1977年3月4日、ルーマニアで起こったM7.2の大地震や1980年11月23日、イタリアで4700人の死者を出したM6.8の中地震を覚えておられる方も多いように思う。

 イギリスには移民の人も多い。きっと、現在イギリスに住んでいる人達の中にも、私たちと同じように他所で地震を経験した人が案外いるんじゃないかと思うのだが、今のところ手ごたえなしだ。
Earthquake_what_if  地震に慣れた日本人としては、スーパーの天井まで積まれた商品や、背より高い位置に平然と並べてあるワイングラスなどを見て、冷や冷やするのだが、誰も気にした様子がない。

 何百年も変わらぬ姿のレンガ造りの家に住む空襲にも地震も知らない人達。日本のような大きな地震が起こったら、一体どうなるのだろうか。そう思っていた矢先の地震だった。

 今回の地震が起こったとき、連合いも私もびくっとして目を覚ました。一瞬、階上の住人達がまた夜中に大騒ぎし始めたのかと思ったが、二人で「今のはやっぱり地震だったよね?」と半信半疑で確認し合った。
 翌朝、周りの人々に訊いてみたが、答えは一つ。皆寝ていて気付かなかったのだそうだ。新聞各紙はこの話題で大賑わいだったが。
 こちらはガーディアン紙のこの地震に関するブログの記事とコメント(英語)。日本人にとっては小さな地震でしたが、多くのイギリスの人が興奮している様子が伝わってきます。

☆ランキング(ブログの人気投票)に参加しています☆
↓応援のクリックを宜しくお願いします。

人気blogランキング FC2 ブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

|

2007年8月13日 (月)

(か) かみなり [雷] THUNDER

 夏のある夜、けたたましい雷の音とともに大雨が降り始めた。
 イギリスの雨は、ひどいときには数分単位で、降っては晴れ降っては晴れを繰り返す。だから、いつも少々物足りない感じがするが、今回の大雨は潔くて気持ちいい。激しい雷を伴って、いかにも夏の雨という雰囲気だ。
 

☆雷はどこでも同じ?
 日本であろうとイギリスであろうと、雷は雷。同じ自然現象で、人々を怖がらせる。

Thunder_mechanism  雲の中の雹(ひょう)や霰(あられ)が強い上昇気流によってぶつかりあって静電気が生じ、雲の上層にプラスの電荷が、雲の下層にマイナスの電荷がたまる。この電位差が雲の発達により大きくなると、空中放電が起こる。これが雷だ。
 このうち、雲の中でなく、マイナスに荷電した雲の下層とプラスに荷電した地上との間に起こる放電が落雷である。

 同じ自然現象なのだけれど、日本人である私にとっては、イギリスの雷のほうがなんとなく恐ろしい感じがする。それは町が平坦だからかもしれない。
 

☆どこに落ちてもおかしくない?
 ロンドンと違って、イギリスのごく一般的な町では、高い建物は殆ど見かけない。高くてもせいぜい低めの3、4階建て。の新築や改築に行政の許可がいるイギリスでは、古い町並みが残り、家の高さはほぼ均一である。平地も多く、雷の落ちやすさはどこも均等な感じがする。
 こんな中で、傘をさして歩いていたり、自転車に乗っていたりしたら、あっという間に落雷の被害を受けてしまいそうな気がする。

 高層の建物の多いロンドンだからと言って安心できないようだ。2006年6月のThe British Medical Journalによれば、2005年、15歳の少女がロンドンの公園で携帯電話を使っていて落雷を受けたそうだ。心拍停止と鼓膜の破裂が起こり、その後も車椅子の生活を余儀なくされているらしい。ロンドンの公園の多くはとてつもなく広い。公園というよりゴルフ場をイメージしたほうがいいかもしれない。
 

☆横に走る稲妻!
Thunder  興味半分に雷の写真を撮ってみた。稲妻の光が縦に落ちるのではなく、横に走っている。日本ではこんな雷を見かけたことがなかったような気がする。イギリス特有なのだろうか。よくわからない。どこに落ちてもおかしくない感じ。
 

☆日英の雷、どちらが危険?
 しかし、こちらの人々はそれほど雷を恐れてはいないように思う。連れ合いによると、雷でも平気で自転車をこいでいる人を多く見かけるとか。

 実際のところ、イギリスの雷の被害が日本より多いという話を聞いたことがないので、よくわからない。
 イギリスのBBCのニュースによれば、実際に雷に撃たれる確率は3百万人に1人とか。対して、日本では、年間およそ14人が落雷によって死傷しているそうだ。総人口で割ると9万人に1人になるが、モノサシが違うので、一概にイギリスのほうが危険とはいえないような気がする。
 

☆雷と迷信
 イギリスにはナラの木(oak)が多いのだが、雷の多くは、このナラの巨木に落ちる可能性が高いそうだ。一度落雷が起こったナラの木を家に飾っておいたり、階段にナラの実であるドングリの絵を掘っておいたりすると、その家に雷が落ちにくいという迷信があるぐらいだ。

 日本でよく言われる、「雷が鳴ったらへそを隠せ」という言い伝えのようなものはないようだ。この言い伝え、へそを隠す動作によって身を屈めて落雷しにくくするということのほかに、突然の雷雨で気温が下がり子供が風邪をひくのを予防する目的もあるのだそうだ。

 ちょっと暖かくなると、すぐに上半身裸で出歩くイギリスの若者たち。多少の雨はさほど気にならないようだ。彼らに日本の言い伝えを話したら、へそで茶を沸かされそうな気がする。
 

☆ランキングに参加しています☆
気に入ってくださったら、 ←クリックしていただけるとうれしいです。

| | コメント (2)

2007年5月 7日 (月)

(ひ) 日の長さ DAY LENGTH

☆四季を感じさせるもの
 渡英間もない春、イギリス人の知り合いに言われた。「イギリスは四季があるからいいのよ。」

 その言葉を鵜呑みにして、1年を過ごした。春なのにいつまでも寒く、満開の桜情緒も味わえない。夏なのに汗をかくどころか、相変わらず肌寒く、セミの声も聞こえない。秋なのに目を奪われるような紅葉もなく、虫の声も聞こえない。舞い落ちた落ち葉に足を滑らせることもない。冬なのに、雪も積もらず、ただ寒いだけ。

 春の桜、夏のうだるような暑さ、秋の紅葉、冬の凍えるような寒さを四季だと思っていた私は、「なんだ四季なんてないじゃないか。」となかば騙されたように思って、最初の1年を終えようとしていた。

 ところが、そんな3月のある日、突如、春の訪れを感じた。それは、さえずる鳥の声でも、道端の花でも、はたまた猛烈に止まらなくなる花粉症のくしゃみによるものではない。日の長さによってである。
 

☆イギリスの真っ暗な冬
Day_length_summer_and_winter  イギリスの冬の夜は長い。10月を過ぎると徐々に日が暮れるのが早くなり、冬場には午後4時には辺り一面真っ暗になってしまう。
 日が暮れると、町にも家にもオレンジ色の薄暗い明かりが点る。昼間の白色の光の日光に対して、明らかに「夜」という感じだ。

 職場やスーパーなどの店舗を除いては、白色光の蛍光灯を使っているところは、あまりない。皆、日本のように長い間残業もせず、一般の店舗も夕方には閉まる。派手なネオンも見かけないし、日本のようにコンビニが点在しているわけでもない。
 日が暮れるや否や、町全体がほんのりオレンジ色の闇に包まれるのである。
 
Day_length_sunrise_sunset_1  これが約半年(5ヶ月ほど)続く。この暗く長い冬のために、日本や冬の日長の長い他の国からやってきた人の中には、鬱になってしまう人もいるそうだ。特に、女性。
 ある知り合いは、「だから、イギリスの冬には、ハロウィンやクリスマスといった明るい行事がいっぱいあり、自分も遊びに行ったりだの、楽しいイベントを出来るだけ入れるようにしているのよ。」と言っていた。
 

☆鬱陶しいものから、有難いものへ
 対して、日本は本当に快適だ。明るさは蛍光灯や電球で、温度はエアコンで、簡単に調節できてしまう。職場も家もそうだし、電車や地下鉄などの公共の乗り物だってそうだ。
 日本の冬だって、暗く寒いと思われるかもしれないが、白い明かりや、イルミネーションがあちこちに点され、暖房設備が完備されている所が多い。

 簡単に温度や明るさ調節をできる、そんな日本の生活に慣れてしまっていた私は、いつしか日光なんて有害な紫外線を含むものという程度にしか思わなくなっていた。家具や畳や本は色あせてしまうし、肌も荒れてしまうし。
 物騒な都会での一人暮らしということもあって、家でも遮光カーテンやブラインドを活用して、蛍光灯を点けていた。また、外出もなるべく日の当たらない場所を探していた。

Day_length_monthly  そんな太陽が嫌いだった私も、このイギリスでの長い一冬の間にすっかり日の光が恋しくなっていたようだ。

 3月終わりのサマータイム開始を機にして、イギリスの日長はどんどん長くなる。今まで3時頃には薄暗くなっていたのが、4月や5月に入ると、午後7時を過ぎてもまだ日が家の中に差し込んでいる。朝も6時頃には既に明るい。

 今まで、どうやって遮るかしか考えていなかった日光。それなのに、日が長くなり、家に差し込む時間が長くなるにつれて、なぜか心が弾んでいる自分がいたのだ。連合いも同時に、「日が長くなったねぇ!」と嬉しそうに、窓の外を眺めている。
  

Day_length_sunbath☆日光が大好きなイギリス人
 夏の間、芝生に上半身裸や水着姿で寝転がって、日向ぼっこしているイギリス人を多く見かける。公共の庭や広場でもお構いなし。ちょっと、太陽が出ると、皆、日光浴をしないと気がすまないかのように、街中でも服を脱ぐ。

 女性もキャミソール姿で堂々と歩いている。目を保護するためにサングラスやキャップ(野球帽)を身に着けている人はいても、日焼け防止のためのカーディガンを羽織ったり、日傘を差したりしている人なんて見たことない。
 もサンルーフ付きが普通。オープンカーも多い。

Day_lenghth_shirtless 初年度の夏は、「イギリス人は皆どうかしている。日焼けが体に悪いことを理解していないんだ。」と半ば、冷笑しながら眺めていた。しかし、イギリスの冬を体験した今では、彼らの気持ちがなんとなくわかるような気がする。
 

 初夏のある日、イギリスの春を迎えるのがこれで数回目になる連合いがポツリとつぶやいた。「今度、芝生の上で裸で寝転がろうか。」
 うちのは日本のマンション、アパートにあたるフラットで、庭はフラット全体から見下ろされる共通の中庭だ。イギリス越冬回数が少ない分、日本人感覚が残っている私は、「自分の家と庭を持ってからにしない?」と、ちょっと焦りながら返答した。
 

☆ランキングに参加しています☆
気に入ってくださったら、 ←クリックしていただけるとうれしいです。

| | コメント (2)

2006年6月22日 (木)

(て) 天気雨 SUNSHOWER

Sunshower_3 ☆これぞ、まさに天気雨 
 イギリスの天候の変化は激しい。さっきまで晴れていたのに、いつの間にか雨が降っていたりする。
強い陽射しにも拘らず、激しい雨が降っているという現象にもよく遭遇する。いわゆる天気雨であるが、こちらのものはかなり度合いが激しい。
 

☆天気雨はどうして起こるのか 
 天気雨という現象はどうして起こるのだろうか。調べて見たところ、いくつかの理由があるそうである。

  一つ目は、雲で生じた雨が地面に到達するまでの時間差によって引き起こされるというもの。
 雨粒が地面に到達するまでに10分以上かかるのだが、風が強いと、その間に、雲が移動してしまったり、雨自身が風で流されてしまったりして、雲の位置と雨が到達する位置が大幅にずれてしまうことがある。そのため、空を見上げると晴れているのに、雨が降り注ぐということが起こるそうである。

 もう一つは、小さい雨雲によるもの。見上げると空全体は晴れているのだが、小さい雨雲が真上にあるというものである。

 イギリスの天気雨の場合は、明らかに前者のようだ。大きな雲がすごい勢いで動いている。地上を吹く風も激しい。特に春先には横殴りの雨が降ることもしばしばである。もとの雨雲が大きいためか、通常の雨のように激しく降るが、たいていは数分で止んでしまう。
 

☆「狐の嫁入り」は日本だけじゃない?
 天気雨を英語でいうと”sunshower(サンシャワー)”だが、たまに通じないこともある。実際、使っているのを耳にしたことがないのだが、イギリスの南西では ”Fox's wedding(フォックス・ウェディング)”と言うこともあるのだとか。そう、なんと「狐の嫁入り」である。イギリスだけでなく、他の国の言語でもこの表現が使っているところがあるそうだ。

 どうして、「狐の嫁入り(Fox's wedding(フォックス・ウェディング))」と呼ばれるのかは、分からないのだが、日本でいわれている、「晴れているのに雨が降るという不可解な自然現象を、夜、山野に見える怪火の「狐火」に見立てたり、不気味さになぞらえた」という説は少なくともイギリスには当てはまらないような気がする。

 アメリカや他の国では、”the devil's beating his wife(悪魔がその妻をたたいている)”と言ったりもするそうだ。いずれにせよ、昔の人にとって、不気味な現象だったのだろう。
 

Sunshower_rainbow ☆天気雨の後のお楽しみ 
 しかし、天気雨の後には楽しみが待っている。美しい大きな虹である。私の住んでいる町は、ロンドンと違って建物の高さが低いので、きれいに虹が見える。一度、平原をで走っているときに、半円の虹を目撃したこともある。また、夕日に照らされた天気雨もなかなか美しい。
 

Sunshower_sunset  あっという間に終わってしまう天気雨。次はいつだろうかといつの間にか心待ちにしている自分に気がついた。こんなのは私だけなのかもしれないが。
 

☆ランキングに参加しています☆
気に入ってくださったら、 ←クリックしていただけるとうれしいです。

| | コメント (0)