« (し) 自動車保険 CAR INSURANCE | トップページ | (ほ) ホーリックス HORLICKS »

2008年12月 1日 (月)

(し) 自動車保険 -後編- CAR INSURANCE -part2-

 日本の保険会社から取り寄せたものは、無事故証明書だった。

 日本でも同様だが、保険の種類を決定し、各自動車保険会社が提供しているサービスを選んでも、保険料を割り出すことはできない。保険加入者や加入する車の状態によって保険料が違ってくるからだ。
 

☆保険料を左右するパラメーター
 我が家も、自分達に合った保険会社を選ぶために、計6~7社に見積もりをだした。こちらイギリスで保険料を変えるパラメーターとなるのは、住んでいる地域、運転歴、年齢、無事故歴、駐車場、車種、年数、今までの走行距離、防犯装置の有無など。ささいなことのようだが、実際、これでかなり保険料が違ってくるようだ。

 スーパーマーケットが提供している保険の中には、あらかじめ加入条件の中に、年齢制限があったり、イギリス在住歴1年以上の加入者のみとか、車の値段の上限や用途が定められているものがある。そうやって制限をつけることで、保険料を下げているようだ。

 年齢、住所、無事故歴等を変更することはもちろんできないので、変更できるパラメーターの設定を行なった。使用目的、運転者制限、走行距離制限、免責金額(自己負担金額)などだ。当然、使用目的、運転者、走行距離は少ないほど、免責金額は高いほど、保険料が安くなる。うちはかなり制限を厳しく設定した。
 

☆日本での無事故証明でさらに安く
 また、プロテクション (Protected No Claim) をつけたほうが結果的に保険料が安くなると教えられたので、プロテクションをつけることにした。

 日本の自動車保険には等級制度というものがある。ご存知の方も多いと思うが、最初 6等級から始まり、1年間無事故だと 1等級上がり、事故を起こして保険を請求すると 3等級下げる、というものだ。等級が高いほど保険料が安くなる。最高の20等級では60%割引、逆に最低の1等級では50%プラスになる。

 ここイギリスには「等級」というものはないが、同じような保険料割引制度がある。無事故割引制度(NC; No Claim Discount、もしくはNCB; No Claim Bonus)だ。1年毎の申請制度で、無事故期間が長ければ長いほど保険料が安くなる。

 そして、プロテクション制度 (Protected No Claim) とは、過去に一定期間以上無事故だった人が申し込み可能の保険の割引保護制度のこと。事故を起こして保険を請求すると、その度、保険料が上がるのが通常だが、プロテクションに申し込んでおくと据え置きになるというものだ。保険会社にもよるが、多くは5年間に2回までの事故の場合は、次の年の保険の割引率が変わらないようだ。
 
 もちろん、申し込むかどうかは個人の自由。2008年のある調査によると、4年以上の無事故でプロテクションに申し込み可能な人のうち、実際につけている人は63%ほどなのだとか。

 また、保険会社により最大割引率が違うようで、最大75%割引を適用しているところもある。残念ながら、日本から来た人は、日本での等級が20等級であろうと、初年度は60%割引が適用されるようだ。

 プロテクションをつけるためには、日本で契約していた自動車保険会社か、交通安全委員会に、英訳された無事故証明書を発行してもらい、それをこちらで契約する保険会社に提出する必要がある。契約後一定期間内に書類を準備すれば大丈夫なようだが、コピーやファックスは不可なので、原本を郵送してもらわなくてはならない。
 

☆我が家の場合
 うちは、渡英初の自動車保険、そして、今にも壊れそうというオンボロ車ということで、コンプリヘンシブ(総合保険)に、ブレークダウンサービス(故障修理サービス)と、プロテクション、そして、搭乗者傷害保険を追加することにした。

 イギリスの物価高に悩まされている我が家。日本でも無事故で過ごしてきたし、車で遠出することも殆どない。できるだけ安いほうがいいからという理由で、「現地のスーパーマーケットの保険でいいかな。」と連合いと言っていた。

 各社の見積もり結果は 250~450ポンド(約5~9万円)と様々。ブレークダウンサービスや搭乗者傷害保険を追加できないところもあった。

 その結果、最終的に契約したのは、上記のオプションが充実している中で一番安い見積もり、350ポンド(約7万円)を出した保険会社。意外なことに、在英日本人向け用のブローカーだった。申込も日本語、そして毎年の保険更新などの手続きも日本語。いつも規則正しく書類が届き、なんだかイギリスにいるとは思えない不思議な感じだ。

 保険加入後、車のエンジントラブルは何度も経験し、その都度、保険会社のブレークダウンサービスにお世話になっている。その際は直接現地のロードサービス会社に救援依頼の電話に入れることになる。この場合、電話のやり取りも、救援に駆けつけてくれるのも現地のイギリス人。こちらはまたの機会に別の記事でご紹介したい。
 

Car_insurance_accident  そして、肝心の事故とその際の保険手続きだが、幸いにもまだ一度も経験していない。安全運転を心掛け、追記の記事をご紹介する機会に恵まれないことを心より願うばかりだ。
 

☆ランキング(ブログの人気投票)に参加しています☆
↓応援のクリックを宜しくお願いします。

人気blogランキング FC2 ブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

|

« (し) 自動車保険 CAR INSURANCE | トップページ | (ほ) ホーリックス HORLICKS »

・暮らし(乗り物・交通事情)」カテゴリの記事