« (ま) マンゴー MANGO | トップページ | 更新についてのお知らせ »

2008年9月15日 (月)

(か) 街灯 STREET LIGHT

Street_light_orange_2 ☆オレンジ色に染まる夜の街
 イギリスの夜の町並みは、昼の町並みとまた違って風情がある。それは町全体を優しく包み込む穏やかなオレンジ色の光のためかもしれない。
 その光は、街灯の明かり。電球色の家の明かりに増して、イギリスの街頭の明かりは暗くオレンジ色なのだ。

 最初この国にやってきたときは、薄暗いこの明かりに寂しさを覚え、日本の白く照らされた夜を恋しく思ったものだ。こんなに暗いと犯罪も起こりやすいのではないかと思ったぐらい。
 イギリスでも地域によってはかなり危険なようだが、幸い、わが町は夜間でも安全で、女性が一人で外出しているのを見ることも多い。

 それにしても、どうしてイギリスの街頭はオレンジ色なのか。
 

Street_light_fog ☆霧でもくっきり?
 それはおそらく霧(きり)のためだろう。「霧のロ○ドン」なんて菓子があったように、イギリスでは、時々だが霧になる。霧がかかると、あたり一面が白いベールで覆われたかのように、数メートル先の像がぼやけて、数十メートル先の視界がなくなってしまったりする。

 日本の高速道路のトンネルでも、オレンジ色の照明が使われている。それは、排ガスやホコリなどで視界が悪くなる状況でも光が通りやすいため、遠くまででもよく見えるからだそうだ。
 
 イギリスの街灯も同じで、霧の粒に散乱することなく光が届き、視界が保たれやすいのだろう。
 また、青い目や茶色い目のため光を眩しく感じやすいイギリス人にとっても優しい光なのかもしれない。

 虫を寄せやすい青紫の光や紫外線を含んでいないので、街灯の周りに虫をあまり見かけないのもうれしい。まぁ、イギリスはもともと気温が低く、夏でも日本ほど虫がいないが。
 

☆経済的な低圧ナトリウムランプ
 霧でも見やすいことも、イギリス人の目にも優しいことも、虫を寄せ付けないこともわかった。でも、電気代が嵩んで、地方税(カウンシル税)を跳ね上げているのではないか。そう思わせるような、効率が悪そうなオレンジ色の光。

Street_light_sodium_lamp  電球かハロゲンランプか何かかと思っていたが、ナトリウムランプというものだそうだ。ナトリウムランプには、高圧ナトリウムランプと低圧ナトリウムランプがあるが、街灯に使われているのは、エネルギー効率がよい低圧ナトリウムランプ。

 今まで日本でも街灯に使われてきた水銀灯や一般的な蛍光灯、そして、最近では街のイルミネーションでしばしば見かけるLEDランプと比較しても、低圧ナトリウムランプのほうがずっとエネルギーの効率がよいそうだ。

 例えばうちの自治体では、この低圧ナトリウムランプを使用することによって街灯一台あたりの電気代が年間12ポンド(約2500円)以内に抑えられているのだとか。
 また、寿命は12000~18000時間。仮に一日あたり12時間点いていたとしても、3年弱~4年ほどもつ。LEDランプにははるかに及ばないが、蛍光灯や水銀灯とよい勝負のように思う。

 効率がよくて長持ちならわが家にもと思ったが、イギリスにおいても一般家庭には普及していない。それは光の色の問題だけでなく、日常使うのには向いていない大きな欠点があるからだろう。点灯するのに10分程かかり、再点灯するためには一度時間をおいて冷まさないといけないのだ。もちろん街灯としては何も問題ないのだが。
 
 

☆街灯の歴史---ガス灯から電気灯へ
Street_light_day_and_night  イギリスの街に最初に街灯が灯ったのは、今から200年も前のこと。1807年(文化4年)の1月28日、ロンドンのクラブ街のペルメル街(Pall Mall)でだそうだ。もちろん、今のような電気の街灯ではなく、ガス灯だった。

 電気の街灯が導入されたのは、それから約70年ほど後のこと。イギリスのデービー卿(Sir Humphry Davy)が開発した電気を使ったアーク灯を、ロシアのヤブロチコフ氏(Pavel Yablochkov)が改良し、パリ、そしてロンドンに街灯として広まったのだとか。1881年(明治14年)には4千本を超える街灯が街を照らしていたのだとか。

Street_light_dusk  ちなみに、日本では1872年(明治5年)に最初のガス灯が導入され、その10年後の1882年(明治15年)に電気の街灯が銀座に導入されたのだそうだ。

 日本では電柱(電信柱)に街灯が付いていることがあるが、イギリスでは街灯は単独で立っていることが多い。電柱は木だが、街灯は金属製のポール。木では重量に耐えきれないのだろうか。
 

☆ランキング(ブログの人気投票)に参加しています☆
↓応援のクリックを宜しくお願いします。

人気blogランキング FC2 ブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

 
<追記> 
 夏休み中に訪れてくださった皆様、更新が滞り、大変ご迷惑をおかけしました。 
 本業がかなり忙しくなってきましたので、今後も1か月に1回程度の更新とさせていただきたいと思っています。更新頻度は下がりますが、今後ともよろしくお願い致します。(詳細は後日「お知らせ」でお伝えする予定です。)

|

« (ま) マンゴー MANGO | トップページ | 更新についてのお知らせ »

・暮らし(その他)」カテゴリの記事