« (に) にがうり [ゴーヤ、苦瓜] KARELA | トップページ | (せ) セルリアック [セロリアック] CELERIAC  »

2008年7月 7日 (月)

(せ) 洗濯機 WASHER, WASHING MACHINE

Washer_in_kitchen ☆キッチンに隠れた洗濯機
 日本では洗濯機は風呂場前の洗面所に置かれているものだが、イギリスではバスルームではなく台所(キッチン)に設置されているのが当たり前だ。

 台所に洗濯機だなんて、使いにくいような気がするが、実際使ってみると案外そうでもない。イギリスの洗濯機は日本でも普及しつつあるドラム式が一般的。日本で主流のかくはん式(うずまき式)と違って、ドラム式の大半は上面から(top loading)ではなく側面から洗濯物を出し入れする(front loading)ので、洗濯機の上面スペースを利用することができる。
Washer_under_counter  だから、洗濯機の上が流し台横の作業スペースになっていたり、オーブンが設置されていたりと、見た目もすっきりのいわゆるビルトインになっている。そのため、調理の邪魔になることはない。
 

☆どうしてバスルームにないのか
 とはいえ、バスルームにあったほうが、入浴前に脱いだ服をすぐに洗濯機に放り込むことができるし、風呂の残り水を洗濯に利用することもできる。バスルームにあってもいいじゃないか、と考える人は多いのではないだろうか。
 しかし、残念ながら、イギリスではバスルームに洗濯機を置くことはかなり難しいようだ。これには幾つか理由がある。

Washer_vs_hob  まず、イギリスでは、一軒家でも、二階以上の階にバスルームがあることが多い。何十年、何百年という古いイギリスの家の階上に、振動を伴い、場合によっては水漏れの恐れのある洗濯機を設置することは、建物の劣化を増長させるため、避けたほうがよいようだ。ドラム式はかくはん式よりも重いのでなおさらだ。

 また、日本では、風呂場の水が洗面所にかからないように、扉により仕切られているのが普通だが、イギリスのバスルームは、普通の部屋にバスタブと洗面台とトイレがあるような感じで、風呂の部分と洗面所の部分にの間には、シャワーカーテン程度の仕切りしかない。

 入浴中のショートを避けるために、元々天井や壁などに設置されているもの以外は、電気カミソリぐらいの電化製品しか使えない仕組みになっていることが多い。コンセントも特別なものを除いては、バスルームの外に設置しなければならない。仮に洗濯機を置くことができたとしても、蛇口から 2.4m以上離さないといけないそうだ。いくらイギリスのバスルームが広くても、これは現実的にはかなり実現不可能なようだ。

 また、国単位では、バスルームに洗濯機を設置してはいけないという法律はないものの、行政によってはあるようだから、設置前には行政への確認が必要になる。
 こんなわけだから、よっぽど特別な理由でもない限り、バスルームに洗濯機を設置しようと思う人はまずいないなのかもしれない。
 
 また、イギリスの浴槽は体を洗った後に浸かるものではなくて、基本的に体を洗う場所。だから、入浴後の泡だらけの濁った湯を洗濯に利用しようと考える人もおそらくいないと思われる。
 

☆湯で洗えるドラム式が主流
 冒頭でも述べたとおり、イギリスの洗濯機はドラム式。私は日本でドラム式の洗濯機を使っていたのだが、ドラム式のいいところは、上面が利用できるほか、節水効果があることだ。また、日本のドラム式は乾燥機つきが殆どなので、洗濯物と洗濯洗剤を投入してスイッチを押せば、ほぼ全て完了。とても便利だった。だが、日本で故障の多さに悩まされたのも事実だ。何度修理の人に来てもらったことか。私だけかと思ったが、そうではなかったよう。

Washer_temperature  概して、日本の電化製品のほうがイギリスのものよりも優れているように思うのだけれど、このドラム式の洗濯機だけは別なように思う。故障も少ないようだ。洗い上がりも悪くないように思う。また、乾燥機は必ずしもついていないけれど、湯で洗うものが普通で、大抵の洗濯機は、30、40、60、90(!)℃といったように、洗う湯の温度を選択することができる。
 これには、平地が多く水不足になりやすい、夏でも水温が低い、汚れが落ちにくい硬水のところが多いといった、イギリスの水事情が考慮されているのかもしれない。
 

☆乾燥機付き洗濯機も普及
 イギリスの国家統計(National stastics)によれば、2004-5年の時点で、乾燥機付き洗濯機(tumble dryer)がある家庭は、全体の58%。日本では、2006年の調査(東京電力)によれば、ドラム式洗濯乾燥機がある家は12%だったそうだ。
 これはもしかして、イギリスにおける夏でも涼しい寒冷な気候と、雨が降ったり止んだりを繰り返しがちで、霧も比較的かかりやすい不安定な天候を反映しているのかもしれない。
 

Washer_old  ちなみに、イギリスのドラム式洗濯機は故障が少ないと言ったが、一度故障すると厄介だったりする。知人は、修理や買い換えがなかなか来ず、1ヶ月も洗濯機が使えないまま過ごしたそうだ。
 もう一つちなみに、おそらくドラム式の扉に洗濯物が挟まったままスイッチをオンにしたのだろう。洗濯中に外出して、部屋が水浸しになった別の知人は借家を追い出されてしまったそうだ。
 くれぐれもイギリスでの洗濯機の扱いにはご注意を。
 

☆ランキング(ブログの人気投票)に参加しています☆
↓応援のクリックを宜しくお願いします。

人気blogランキング FC2 ブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

|

« (に) にがうり [ゴーヤ、苦瓜] KARELA | トップページ | (せ) セルリアック [セロリアック] CELERIAC  »

・日用品(家電製品・家具)」カテゴリの記事