« (ふ) 踏切 [ふみきり] LEVEL CROSSING | トップページ | (ふ) ブルボン・ビスケット BOURBON BISCUIT »

2008年5月19日 (月)

(ね) ネクタリン NECTARINE

 連合いの友人が昼ごはんに桃を丸かじりしていた。びっくりして、「それは桃?」と尋ねたところ、「いいえ、ネクタリン。」という返事が返ってきた。
 

Nectarine_package☆イギリスでは桃よりネクタリン?
 日本ではあまりメジャーではないが、ネクタリンはイギリスでは桃同様、いやひょっとしたら桃以上に一般的な果物の一つだ。

 5月から9月が旬の季節だが、春先から店頭を賑わせている。スーパーでは5個入りで1.8ポンド(約360円)ほどで売られている。
 

☆皮ごと食べられる
Nrctarine_peach  桃をしのぐネクタリンの人気の理由は、その皮(果皮)にある。桃は果皮にうぶ毛が生えているが、ネクタリンの果皮は滑らか。そのため、皮付きの状態で食べることができるのだ。もちろん、好みで皮をむいてもOKだ。

 大きさも、日本の桃がソフトボール大なのに対して、イギリスの桃やネクタリンは野球の軟球ほど(直径6~7cm)。イギリスのリンゴと同程度かやや小さいぐらいだ。

 そのため、冒頭の友人のようにリンゴのように昼食に手軽に丸かじりされたりしている。実際、皮ごとかじると、果肉は桃の味や舌ざわりなのだが、何だか違う果物のような感覚がするから不思議だ。Nectarine_like_apple
 

☆実は和風の果物?
 いかにも洋風な感じのする果物だが、ネクタリンの原産地は桃と同様に中国。2000年以上も前から食べられてきたものだそうだ。イギリスで栽培され始めたのは16世紀の後半か17世紀の初頭だそう。

 原産地が隣国ということだけあって、日本でも栽培されており、ズバイモモという和名もある。また、果皮にうぶ毛がなく光沢があるためか、ユトウ、アブラモモ(油桃)とも呼ばれるそうだ。現在では「ネクタリン」という名前のほうが普及しているようだが。
 

☆桃(もも)と李(すもも)とネクタリン
Nectarine_inside  前述のように桃との一番の違いは、スモモ(李、プラム)のようにつるつるした果皮。見かけも日本の桃を小さく、スモモを大きくしたような感じだ。
 味も日本の桃ほどではないが独特の甘みと芳香とねっとりした舌ざわりがあり、また同時に、スモモほどではないが適度な爽やかさがある。

 そのためか、ネクタリンはしばしば桃とスモモの交雑種と間違えられることがあるが、そうではなく、桃の一つの種類(変種)なのだとか。桃とネクタリンはバラ科モモ属モモ種に属するが、スモモはバラ科サクラ属スモモ種。
 

☆ジュースの「ネクター」との関係
 気になるのはネクタリンという名前だが、ギリシャ語の「ネクター(nectar)」という言葉からきているそうだ。

 それで彷彿するのが、日本の「ネクター」と呼ばれる甘いジュース。パッケージにピンクの桃らしき絵が描かれている。ひょっとして、ネクタリンを主に使ったジュースなのか思ったが、中に入っているのは桃を含む様々な果物。ネクタリンとは何の関係もないようだ。

←日本の「ネクター」ジュース (楽天市場)

 
☆ネクタリンの食べ方

 さすがにイギリスでもネクタリンを使ったジュースは殆ど見かけないが、冒頭のように直接丸かじりされているだけではない。イギリスでは果物を加熱して熱いまま食べたり、サラダにしたりすることが多いが、ネクタリンも例外ではないようだ。Nectarine_dessert

 例えば、フェタチーズやロケットなどと一緒にサラダにされたり、砂糖とバターをかけて焼いてアイスクリームを添えたり、アツアツのスフレにしたり。肉と一緒に焼いたり、サルサソースにして揚げた魚にかけているレシピを見たこともある。
 こちらのイギリスのスーパーの一つウェイトローズのサイトでは、ホロホロチョウとネクタリンを焼いた料理(アラブ料理?)のレシピが紹介されています(英語)。

 

☆日本のネクタリンはイギリスのと違う?
 最後に一言お断りを。日本で栽培されているネクタリンがご紹介したものと同じような味なのかはさっぱり分からない。

 名前はどこかで耳にしたことはあったものの、日本でネクタリンを食べたことがないからだ。こちらでは桃よりネクタリンのほうが甘みが強いという人もいる。しかし、ネクタリンよりもやはり桃のほうが日本の桃の味に近いような。
 本ブログはあくまでイギリスのネクタリンを日本の桃と比較しているだけということにご留意いただきたい。

 果物に甘み以上に酸味を期待するイギリスに対して、日本では甘い果物が美味しいとされる傾向が高い。また、桃も同様でイギリスのは日本ものより小さいだけでなく、味も淡泊なような気がする。そのため、日本のネクタリンはイギリスのものよりずっと甘みが強く酸味が少ないのかもしれない。

←日本で生産されているネクタリン (楽天市場)

 両者を食べ比べたことのある方は是非ご一報ください。
 

☆ランキング(ブログの人気投票)に参加しています☆
↓応援のクリックを宜しくお願いします。

人気blogランキング FC2 ブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

|

« (ふ) 踏切 [ふみきり] LEVEL CROSSING | トップページ | (ふ) ブルボン・ビスケット BOURBON BISCUIT »

・食材(野菜・果物)」カテゴリの記事