« (ね) ネクタリン NECTARINE | トップページ | (ほ) ポークパイ -前編- PORK PIE -part1- »

2008年5月26日 (月)

(ふ) ブルボン・ビスケット BOURBON BISCUIT

Bourbon

☆日本のお菓子のブランドがイギリスに??
 スーパーの菓子コーナー。連合いのダイジェスティブビスケットやらチョコレート菓子を探していて、目が点になった。
 「ブ、ブルボン・・・.??」

 ”Bourbon Biscuit (ブルボン・ビスケット)”という菓子があったからだ。縦2cm強 X 横6cmほどの茶色のサンドクッキーの表には、大きく”BOURBON”と文字が刻まれている。
 日本の菓子メーカーの「ブルボン」のロゴ?にそっくりだ。確か、BOURBONと印された商品もあったような。

Bourbon_retail  イギリスにも日本のものは多く入っているが、もちろん、ブルボン社の商品のわけがなかった。パッケージには、スーパーマーケットの名前が記されていた。スーパーの自社ブランド製品。
 

☆ウィスキー味のクッキー??
 では、この”Bourbon”とは何なのか?
Bourbon_cream  「どこから見てもココアサンドクッキーに見えるが、ひょっとすると、バーボン(Bourbon)・ウィスキー風味のクリームが入っているのかもしれない。」 そう思いながら、買い物カートに入れた。

 お茶の時間、早速、食べてみた。しかし、チョコレートクリームをチョコレート味のクッキーで挟んだ、あっさりとしたココアサンドだった。バーボンの香りは全くしない。
 

☆懐かしいお菓子が続々
 一体、これは何なのか。不思議に思って調べてみた。

 ブルボンは、南ロンドンのバーモンジー(Bermondsey)にあるクッキー会社、ピーク・フリーンズ社(Peek Freans)が1910年(明治42年)に開発した商品。

 この会社は、ジェームス・ピーク氏(James Peek)とジョージ・ヘンダー・フリーン氏(George Hender Frean)によって1857年(江戸時代末期)に設立されたもので、1861年(江戸時代末期)、ガリバルディビスケット(Garibaldi buscuit)を開発して、ヒットを飛ばしたそうだ。

Bourbon_garibaldi  ガリバルディ・ビスケット(Garibaldi buscuit)と聞いても、ピンとこない人も多いかもしれないが、見かけは東ハトのオールレーズンにそっくり。レーズンが入ったクッキーだ。イギリスでも人気のお茶菓子だ。

←こちらは日本のオールレーズン(楽天市場)

 ちなみに、ピーク・フリーンズ社はその他にも数々のヒット商品をだし、1875年(明治7年)にはマリー(Marie)というビスケットを売り出している。そう、こちらは森永製菓のマリーにそっくりのもの。

 オールレーズンも日本のマリーも、ピーク・フリーンズ社の製品との関連性は何も公表されてない。だが、推測するに、ショートブレッドがカロリーメイトとして日本に広まったように、これらのイギリスの菓子も、明治以降になんらかの形で日本に入り、日本の菓子として姿を変えたのだろう。

 イギリスだけでなく、日本の懐かしい味にまで影響を与えたと思われるピーク・フリーンズ社。しかし、1989年(平成元年)に廃業し、それぞれのブランドはアメリカのナビスコ社に吸収されている。
 現在は、ロンドンにあるパンプハウス教育博物館(?)(the Pumphouse educational museum)でのみその様子をうかがい知ることができるようだ。
 博物館のサイトはこちら(英語)。 左のメニューの”Peek Freans”をクリックすると、詳細を読むことができます。 
 

☆で、どうして「ブルボン」?
 で、肝心の「ブルボン」だが、フランスのブルボン王朝(ブルボン家)から名付けられたのだそうだ。そのいきさつはよく分からない。

 ちなみに、日本のブルボン、株式会社ブルボンも、一説には、同じくフランスのブルボン王朝の名前に由来するのだとか。
 バーボン・ウィスキーのバーボンも同じ名前の由来らしい。

 要は、どれもブルボン王朝を介した偶然の一致だったわけだ。
 

☆マヨラーならぬボーブニアーズ
 ブルボンの味は悪くはなかったが、イギリスにはビスケット菓子は溢れているし、日本でもさんざんこの手の菓子は食べてきた。私も連合いも格段、惹かれなかったのも事実。

 しかし、日本でマヨネーズの愛好家がマヨラーと呼ばれたように、イギリスでもブルボンの愛好家の呼称が生まれたほど、一時期は人気を博していたものようだ。(いや今でもそうなのかどうかは不明だ。)

 その名は、”Bourboneers”。ブルボン(Bourbon)自体の発音が、「ボーブン」という感じなので、「ボーブニアーズ」といったところだろうか。
 男性の場合は”Bourber (ボーバー)”、女性の場合は”Bourbonette (ボーブネット)”になるそうだ。
 

☆ランキング(ブログの人気投票)に参加しています☆
↓応援のクリックを宜しくお願いします。

人気blogランキング FC2 ブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

|

« (ね) ネクタリン NECTARINE | トップページ | (ほ) ポークパイ -前編- PORK PIE -part1- »

・飲食物(菓子・デザート)」カテゴリの記事