« (い) 飲酒 -後編- DRINKING -part3- | トップページ | (か) カーテン CURTAIN »

2008年1月28日 (月)

(て) ティーケーキ TEA CAKE

 連合いの毎朝の朝食はダイジェスティブ・ビスケットだった。朝一番は甘いものでなくてはダメで、ご飯もパンも受け付けない。肥満やメタボのもとなんて言葉も耳に入らない。
 だが、さすがに毎回同じものでは飽きるらしく、違う甘い物をご所望になる。ナッツ入りのチョコレートだの、甘いシリアルだの。しかし、それらも長くは持たない。
 こうして、買い物に行く度に連合い用に新規の甘いものを物色することになる。基本はチョコ付き。

 いつものように新規のチョコ製品を探していて目にとまったのが、スーパーのブランドのマローティーケーキ(mallow teacake)というもの。
 スーパーの特価製品だったので、6個入りで0.2ポンド(約40円)と恐ろしく安い。何だかよくわからないが、期待もせずに買い物カートに放り込んだ。

 

☆マローの意味は?
Tea_cake_inside_2  早速、食べてみた。ソフトクッキーのような土台にマシュマロが乗っており、それがチョコレートでコーティングされている。イギリスの菓子なのでかなり甘みが強いが、○永のエンゼルパイを彷彿させるような感じ。
 マシュマロの部分が多く、軽い仕上がりになっている。

 そう、マローティーケーキのマロー(mallow)とは、マシュマロ(marshmallow)のことだったのだ。連合いは「もしかして、日本のエンゼルパイはこれを真似たものなのかな。」と言っていた。


☆本当の(マロー)ティーケーキ

Tea_cake_tunnock  その後、スーパーの店頭で、スーパーブランドのマローティーケーキの隣に、同じ形をしたティーケーキをいう商品を見つけた。タンノック(Tunnock's)という会社のものだった。

 イギリスでは、キットカットにしても、ショートブレッドにしても、オリジナルに酷似した商品をスーパーが作って売り出すことが多い。きっと、このタンノックのものがオリジナルなんだろうということで、またもや買い物カートに放り込んだ。10個入りで0.7ポンド(約140円)。
 

☆イギリスの「お茶菓子」
 このタンノックのティーケーキ、イギリスでは誰もが知っている古いお菓子で、アフタヌーンティーなどでよく食べられてきたのだそうだ。スーパーだけでなく、小さな売店にも置いてあったりもする。

 前述のスーパーのマローティーケーキのように「マロー」が入っているのだが、単に「ティーケーキ」と呼ばれることが多いようだ。
 イギリスにはもう一つ、ティーケーキと呼ばれるレーズンパンのようなものがあり、それと区別するときは、「タンノックのティーケーキ」と言うそうだ。
 いずれにせよ、「お茶菓子」という名の菓子が複数あるところが、さすがお茶の国という感じがする。


☆スコットランド生まれの懐かしい菓子

 ティーケーキはイギリスのスコットランド生まれ。トーマス・タンノック(Thomas Tunnock)氏が1890年に創業した焼き菓子店の商品がオリジナルのようだ。
 他のイギリスの古い菓子メーカーは、時代の流れとともに次々と大手の海外メーカーに吸収合併されている。そんな中で、タンノック社(Thomas Tunnock Ltd.)は、今でも家族で営む同族会社として昔ながらの味をイギリス中に届けている。タンノック社のサイトはこちら(英語)。

 他の製品としては、ワッフルの中にカラメル味のヌガーのようなものが入ったカラメルワッフル(caramel wafers)や、マローの周りをチョコとココナッツフレークで覆ったスノーボール(snowball)などがある。どれも包み紙からして何だか懐かしい感じ。

Tea_cake  ティーケーキの個包装のパッケージも銀紙に赤と、レトロ感が溢れている。10個入り、6個入り、ばら売りの他、外側がミルクチョコレートではなく、ダークチョコレートになったものもあるそうで、日本へのお土産にもいいかもしれない。
 

☆正統派はマシュマロがとろけている
 タンノックのティーケーキ、見かけは前述のスーパーブランドのマローティーケーキと同じなのだが、中が微妙に違っている。
 マシュマロの部分がもっとふわふわクリーム状なのだ。弾力があるというよりは、とろっとしている感じ。マシュマロを火であぶると中身がとろっと溶けるがそんな感じの柔らかさだ。

Tea_cake_mands 明らかに、いわゆる「マシュマロ」とは異なるものだが、パッケージにはしっかり、「マロー(mallow)」や「マシュマロ(marshmallow)」と記されている。
 他のスーパーブランドのティーケーキも食べてみたが、こちらも「マロー」と記され、とろけたクリーム状だった。

 クリーム状なのでカロリーが高いように感じられるが、マローの部分はマシュマロ同様、脂肪分は殆ど含まれていない。
 カロリーは1個(24g)あたり90〜100kcal。ちなみに、日本のエンゼルパイが1個(32g)あたり140kcalだそう。ティーケーキのほうが甘みは強いが実はカロリーはやや低いようだ。

 私はいわゆるマシュマロの入っているもののほうが好きだが、連合いにとっては、タンノックのもののほうが美味しかったそう。Tea_cake_jam
 

 ティーケーキだが、砂糖なしの濃いコーヒーと一緒にどうぞ召し上がれ。
 

☆ランキング(ブログの人気投票)に参加しています☆
↓応援のクリックを宜しくお願いします。

人気blogランキング FC2 ブログランキング にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

|

« (い) 飲酒 -後編- DRINKING -part3- | トップページ | (か) カーテン CURTAIN »

・飲食物(菓子・デザート)」カテゴリの記事