« (か) かぼちゃ [南京] Kabocha | トップページ | イギリス英語検定5 »

2007年10月29日 (月)

(あ) 安全胴衣 SAFETY WAISTCOAT

☆人目を惹く服
 この国イギリスで、とても気になる服がある。日本に帰ったら恥ずかしくて着れないだろう魅惑的な服。

 日本と違って山が少なく平坦なイギリスでは、通勤、通学などの交通手段に自転車を使う人が多い。朝夕の道を行くと、幾台もの自転車とすれ違う。日本のママチャリにあたるシティサイクルを使っている人は少なく、たいてい皆、長距離用のロードサイクルに乗り、しっかりとヘルメットをかぶっている。若い女性もお年を召した方も、颯爽と自転車を乗りこなし、次々と美しい町並みの向こうに消えていく。その分、車の渋滞も少ない。

 最初は、ただただ感心して見ていたのだが、そのうち、訝しい気持ちになった。
 「・・・なんだか、工事現場で働いている人が、やたら多いなぁ。」Safety_waistcoat_bike

 道路工事現場の作業員や誘導係の人が着ているような、蛍光黄色やオレンジのベストを身に着けている人がやたら多いのだ。初めは、どこかの現場に向かう人だろうと思っていたが、老若男女を問わず、挙句には職場の知人まで、この派手なベストを着けて走っているのを目にした。
 

☆イギリスではかなり一般的
 このベスト、イギリスではセイフティ・ウェストコート(safety waistcoar、安全ベスト)や、リフレクティブ・ウェストコート(reflective waistcoat、反射ベスト)と呼ばれている。Safety_wast_coat_construction
 
 ウェストコート(waistcoat)とはイギリス英語で、「ベスト、チョッキ、安全胴衣」という意味。アメリカ英語ではヴェスト(vest)と呼ばれている。日本語の「ベスト」はアメリカ英語から来ているようだ。
 余談だが、チョッキというのは日本語だそうで、英語のジャケット(jacket、jack)に由来するという説や、肌に直接着るという意味(直着、ちょっき)に由来するという説など、諸説あり、よくわからない。 

Safety_waistcoat_police  イギリスでは、安全胴衣や安全ジャケットを身に着けた一般労働者は決して珍しくない。工事現場の作業員だけでなく、街行く警官や郵便配達員、スーパーの買い物カートを片付ける人まで、様々な職業の人が身につけている。おそらく労働安全上の制服として取り入れているのだろう。皆、昼でも着ているし、路上に立っていなくても身に着けている。
 イギリス人にとっては、安全胴衣は一般的にかなり馴染みが深いものなのかもしれない。
 

☆自転車での通学通勤に
 とはいえ、強制でなければ着るのを躊躇ってしまうような恐ろしく派手な見かけ。恥ずかしくないのか。そもそも、一体どこで手に入れているのか。

 どうやら、例の通勤、通学の人達は、皆、自主的に自前の物を用意して着ているらしい。日本の通勤通学用のコートと同じノリのようだ。

Safety_waistcoat_night  イギリスでは、日本よりも、「自転車は車両の一種」という認識が強いように思う。実際に、かなり早いスピードで走っているし、信号や左折右折の交通ルールを遵守している人も多い。そして、暗くなると必ずライトを点灯している。きっと、これらの人も、自動車にエアバッグをつけるような感覚、自転車に反射板をつけるような感覚で、このベストを着けているに過ぎないのだろう。

 そして、その入手先は、イギリスの有名な自転車・車用品専門店、ハルフォーズ(halfords)を始め、近くの自転車屋など。わが町は田舎だからかもしれないが、ハルフォーズや自転車屋の数は郵便局や銀行の数より多いぐらい。また、スーパーの自転車用品コーナーにもあったりする。案外どこでも入手できる代物のようだ。値段は20ポンドほど(約4千円)。

←これは3.34ポンド(約700円)。
イギリス国内のみの発送のようです。(amazon.co.uk)

 自転車と共に散歩している黒い犬まで、飼い主とお揃いに安全胴衣をつけていた。ここまで来ると、唖然を通り越して微笑ましい限り。
 

 連合いの同僚の二十歳代のオシャレな女性も、イギリス大手の職場の重役トップのイギリス人も、このベストを着用して自転車通勤している。後者はわざわざ、誕生日後には新調されたものを満足げにお召しになっていたそうだから、ひょっとしたら、実用以上のものがあるのかもしれない。
 私も試しに、連合いの誕生日に贈って、「強制的に」着てもらおうかなと密かに画策中である。

←日本でも似たような自転車用のジャケットがあるようですね(楽天市場)。

☆ランキングに参加しています☆
↓応援のクリックを宜しくお願いします。

FC2 ブログランキング 人気blogランキング にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

|

« (か) かぼちゃ [南京] Kabocha | トップページ | イギリス英語検定5 »

・日用品(服飾・衣類)」カテゴリの記事

コメント

自転車に乗る人、工事現場の人、警察の方、
みな同じ色なのでしょうか?
安全を確保するためには有効ですよね。
私も年数回似たような物をきることがあります。
それは地元のお祭りなどのイベントの時。
でも着るのが恥ずかしいと言うよりは、
その団体に帰依しているようで嫌なのですw

投稿: KAZU | 2007年10月29日 (月) 23時25分

はじめまして。ロンドンに子ども3人と猫と旦那と住んでいます。7歳になる娘の小学校では、遠足のときに各児童はセーフィウエストコートを着用しています。とても目立つので子どもが迷子にならないんでしょうね。

投稿: namajo | 2007年10月29日 (月) 23時36分

KAZUさん、コメントありがとうございます。

ご覧のとおり、皆同じ色ですよ。
派手な蛍光黄色ですw
警察官は、写真にあるように"Police"と
背に書かれたのを着ていましたが。
郵便配達人は濃いオレンジ系です。
(地域によって違うかも知れませんが。)

お召しになられた似たようなもの
・・それはもしや、ハッピというものでは?w

なるほど。皆で着れば怖くないのかもしれませんね~w
ちまたで似たようなベストが流行することをお祈りしていますw

投稿: ろっきぃ(管理人) | 2007年10月29日 (月) 23時57分

namajoさん、初めまして。
そして、コメントありがとうございます。

自転車に乗っている子供が着ているのを
見かけたことはありますが、遠足で
使われているとは初めて知りました。
おっしゃるとおり、迷子防止に効果がありそうですね。

日本で小学校低学年のランドセルに
被せる黄色いカバーのノリなのかもしれないですね。

投稿: ろっきぃ(管理人) | 2007年10月30日 (火) 00時07分

案外やすいものですね。

最近、私の近所でも町内会で夜、「みまわり」というのをやっています。
定年後のおじさんとその飼い犬によるボランティアなのですが、
蛍光のチョッキをきたおじさんがウジャウジャいると治安にもよさそうです。

子供や女子学生もみんな着用したら、怪しい事件が減るかもしれませんね。
ちなみに、私は着たくありませんが。

投稿: ぱんちゃん | 2007年10月31日 (水) 21時23分

ぱんちゃん、コメントありがとうございます。

町内会のみまわりの方はそういうものを何か
身につけておられるんでしょうか。

まぁ、そうおっしゃられずに是非ご試着をw

ちなみに、私も着たくありませんし、連合いも
かなり拒否反応を示しているようですw

投稿: ろっきぃ(管理人) | 2007年11月 1日 (木) 05時48分

やはり恥ずかしいでしょうか…
LEDの埋め込まれたものですと、それもひとしおです。

投稿: とおりがかり | 2007年11月24日 (土) 01時12分

とおりがかりさん、コメントありがとうございます。

ひょっとして、LEDの埋め込まれた安全胴衣を
お召しになっておられるのでしょうか。

イギリスの冬は日が暮れるのがあっという間で、
連合いは先日、自転車の後部ライトを点灯し損ねて、
側を走る車に怒鳴られました。
コメントを拝見して、LED付きの安全胴衣に
グレードアップしようかと悩んでいますw

投稿: ろっきぃ(管理人) | 2007年11月25日 (日) 02時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (か) かぼちゃ [南京] Kabocha | トップページ | イギリス英語検定5 »