« (ら) ラナービーン RUNNER BEANS | トップページ | (く) グレープシードオイル GRAPESEED OIL »

2007年10月 8日 (月)

(は) 半焼きパン PART-BAKED BREAD

☆いつでも焼きたてパンが食べたい
 日本にいた時は、イギリスなんて不味いイギリスパンしかないんだろうなと思っていた。しかし、実際に渡英してみると、案外色んな種類のパンが出回っている。そして、なかなか美味しい。

 うちがよく買うのはスーパーの焼きたてパン。日本のようなおかずパンはないものの、食パンあり、バゲットあり、菓子パンありで、どれも安価で味も悪くない。
 週1回の買い物に行くと、香ばしい香りに釣られてつい買ってしまいがちになる。しかし、我が家の日々の食事は、日本の時と変わらず、いや、日本にいた時以上に、和食になっている。連合いの好きと肥満対策のためだ。

 だから、せっかく焼き立てのパンを買っても、なかなか美味しいうちに食べることが出来ない。私一人が少量ずつ食べているうちに堅くなり、冷凍庫の端で眠り、パン粉になる運命。
 

☆半分、ホームベーカリー
Partbaked_baguette_before  そんな我が家の救世主が、いかにも不味そうな白いパン、半焼きパンだ。
 実際、日本ではどの程度普及していて、どんな名前で呼ばれているのかよくわからないのだが、こちらでは、「パート・ベイクド・ブレッド(part-baked bread)」、日本語に直訳して、「半焼きパン」、または「部分焼きパン」と呼ばれている。「ホームベイク(Homebake)」や「レディ・トゥ・ベイク(ready to bake)」と表示されていることもある。

 名前の通り、残りを家で焼き上げるために半焼きの状態で包装された常温保存のパンだ。バゲット(baguettes)やプチパン(petits pains)が出回っている。元はフランス由来のもののようだが、イギリスでも今では珍しいものではないようで、スーパーブランドのものも多く出ている。
 価格はバケット2本入りやプチパン6個入りで0.5~0.9ポンド(約100~180円)ほど。かなりお手ごろだ。
 

☆トーストするようにパンを焼く
Partbaked_baguette_baked  パンは焼きたてが一番美味しい。しかし、自分で材料を揃えて、こねて発酵させて、またこねて発酵させて・・・。パン作りがメインならそれはそれで楽しいかもしれないが、ちょっと食べたいというときに自分で作って焼くのはかなり面倒。しかも、フランスパン作りは難しいと聞く。

 その点、この半焼きパンなら、パン焼き機も不要で失敗なし。200℃ほどのオーブンに入れて10分焼けば、いつでも焼きたての味が味わえるのだ。
 バゲットなどは長さが25cmほどあるが、イギリスの家庭にはどこも大きなオーブンがあるので全く問題ないようだ。

 トースターでパンを焼く感覚と手軽さで、あの不味そうな白いものがたちまち香ばしい焼きたてパンに変身する。
 

☆常温で1ヶ月以上保存可能
Partbaked_petits_before  この半焼きパンのさらに良いところは、開封するまで冷凍する必要がないこと。もちろん、冷蔵、冷凍してもOKだが、常温保存でなんと数ヶ月持つのだ。

 常温でそんなに長期保存可能だなんて、合成保存料がたっぷりなんじゃないかと思われるかもしれないが、実は保存料はビタミンCであるアスコルビン酸(ascorbic acid)だけ。
 パッケージには「開封後は2日以内に消費してください」とある。
 見た目はごく普通の包装だが、どうやら、常温長期保存の秘密はこのパッケージにあるようだ。
 

☆新鮮長持ちMAP包装
Partbaked_petits_baked  この包装、MAP(modified atmosphere packaging)と呼ばれるもの。直訳すると「調整ガス包装」となるだろうか。日本語ではMAP包装と呼ばれたりしているようだ。
 MAP包装とは、パッケージ内の空気、つまり食品を取り巻く空気を不活性化ガスに置換した密閉包装で、
これにより、食品の鮮度が保たれ、賞味期限が長持ちするのだそうだ。

 真空パックが空気を抜いてしまうのに対して、MAP包装は空気を特殊なガスに入れ替えてしまうものと考えてもよいかもしれない。
 特殊なガスといっても、特別なものではなく、窒素や二酸化炭素などの私達を取り巻く安全なもの。酸化の原因となる酸素を減らして、これらのガスを充填するのが主な目的だが、どのガスが使われるかは食品によって異なってくるようだ。

 イギリスでは、冷蔵肉、燻製魚、野菜、チーズ、サラダ、生パスタ、ポパダム(poppadom)というインド由来のパン、そして、半焼きパンの包装に使われているそうだ。
 

 今ではお気に入りの半焼きパン。しかし、実を言うと、ただ単なる焼きの足りない不味そうなパンだと思って長い間敬遠していていた。なんでも手にとってみるものだと感じた次第。
 

☆ランキングに参加しています☆
↓応援のクリックを宜しくお願いします。

FC2 ブログランキング 人気blogランキング にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

|

« (ら) ラナービーン RUNNER BEANS | トップページ | (く) グレープシードオイル GRAPESEED OIL »

・食材(その他)」カテゴリの記事

コメント

私はまだ日本で見たことありませんが、
この半焼きパン、いいですね~。
焼きたてのバゲットはすごく美味しいけど、
時間が経ったバゲットは最低ですからね・・・。
我家も米食が中心ですが、
この半焼きパンが出回ればパン食が増えるかもしれません。
・・・農家失格になりますがw

投稿: KAZU | 2007年10月 8日 (月) 21時49分

KAZUさん、コメントありがとうございます。

こういった食品保存の技術は、逆に日本のほうが
進んでいるように思うので、お目にかかる日は
近いかもしれませんね。
失格とおっしゃらずに是非お試しをw

個人的には、もう少し1パックあたりの数が少なくても
いいような気もしますが、米好きの連合いにも大変好評で、
パン粉行きになる率はかなり低いです。

投稿: ろっきぃ(管理人) | 2007年10月11日 (木) 01時23分

半焼きパン美味しそうですね!

私は朝はパン派ですが六枚切りの普通のトーストに飽きてきました。

フランスパンやバケットはたまに買っても
次の朝にはカチカチになるし、焼きすぎてビスケットみたいになりますよね。

朝に焼きたてバケットが食べられる環境がうらやましいです。

投稿: ぱんちゃん | 2007年10月14日 (日) 19時32分

ぱんちゃん、コメントありがとうございます。

確かにそうですね。
起きてすぐに焼きたてを食べることができるのは、
とてもありがたいことですね~。
うちの場合は、平日の朝食というより日曜の遅めの昼ごはんに
なっていますがw

見かけられたら、是非試して、感想をお知らせくださいね。

投稿: ろっきぃ(管理人) | 2007年10月15日 (月) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (ら) ラナービーン RUNNER BEANS | トップページ | (く) グレープシードオイル GRAPESEED OIL »