« (て) 電球 LIGHT BULB | トップページ | (や) ヤクルト YAKULT »

2007年10月18日 (木)

(れ) レモンカード LEMON CURD

 イギリス旅行の土産というと、紅茶やショートブレッドに加えて、ジャムを買って帰る人が多いような気がする。確かにイギリスのジャムは美味しいし、種類が充実しているように思う。
 米食が基本の我が家でも、朝はトーストにジャムを塗って食べるのが一時期日課になっていた。

 いくら美味しいとはいえ、毎回ジャムだとそのうち飽きてしまう。ピーナッツバターを塗ったり、マーマイトにチャレンジしたりしたが、それほど長続きしなかった。そして、またジャムに戻る。我が家でもそんな毎日を繰り返していた。

Lemon_curd_bottle  ある日、パンに塗る何か新しいものはないかと、スーパーのジャムコーナーを覘いていると、黄色いペーストが目に入った。

 瓶には、レモンカード (lemon curd) と書いてある。レモンジャムの一種かと思ったが、ジャムのように透き通ってもいない。
 あまり美味しそうには見えなかったが試してみることにした。
 

☆レモン味のカスタード?
 中は、濃い色のカスタードのようなとろりとしたペースト。一口すくって口に入れると、レモンの香りと甘酸っぱさが広がる。どこか懐かしいような味。

Lemon_curd_toast  早速、パンに塗って食べてみた。単なるフルーツジャムとは違ったコクがあり、バターを塗らなくても満足できる感じ。やはり、レモンの風味がよく効いてさっぱりしたカスタードのような感じだ。

 瓶の側面の原材料を見てみた。砂糖、、バター、レモン汁、レモンオイルなどなど。やはり、カスタードと同じく卵とバターが入っていたのだ。
 かなり乱暴な言い方だが、カスタードの牛乳と小麦粉をレモン汁に置き換えたようなものだろうか。
 

☆レモン”カード”とは?
 レモンカードのカードだが、クレジットカードやグリーティングカードと同じカード(card)ではなく、液体を凝固されたものという意味のカード(curd)。この場合の液体とは、牛乳などの動物の乳や豆乳、レモン汁をさすそうだ。

 牛乳のカードから作られたものはチーズだし、豆乳のカードは豆腐。豆腐は英語で トーフ(tohu)でも通じるが、ソイビーンカード(soybean curd、大豆のカード)と呼ばれる。
 そして、レモン汁を卵とともに凝固させてつくったカードがレモンカードというわけだ。
 

☆イギリスではメジャーなパンのお供&お菓子の材料
Lemon_curd_meringue_pie  レモンカードの発祥はいつどこでかはわからないのだが、イギリスではとても一般的な食べ物。どこのジャム置き場にもちゃんとレモンカードが置かれており、様々なメーカーがレモンカードを出している。もちろん、スーパーのブランドも。アメリカでも手に入るそうだが、それほど一般的ではないようだ。

 パンやスコーンに塗るほか、チーズケーキにかけたり、タルトのフィリングにされたり、トライフルやケーキ、スフレ、アイスクリームなどの様々なデザートに使われたりしている。また、シラバブ(syllabub)というイギリスのデザートに使われることもあるようだ。

Lemon_curd_dressing  我が家では一度サラダのドレッシングの材料として使ってみたことがある。もう少しレシピの改良が必要な感じがしたが、それほど悪くなかった。

←イギリス王室御用達の
    チップトリー(Tiptree)のレモンカード。(楽天市場)

 
☆簡単に家でも作れます

 市販のレモンカードが多く出回っているが、実は、家でも簡単にレモンカードを作ることができる。材料は、レモンと卵とバターと砂糖。1個のレモンあたり、1個の卵、1オンス(28g)のバター、100gの砂糖が必要のようだ。
 作り方は、まず、レモンは皮を擦って、果汁を絞る。次に、砂糖、レモンの皮、果汁、バター、ほぐした卵をボウルに入れ、湯煎しながら、とろりとするまでかき混ぜるだけ。
 

 レモンカードもとても美味しかったのだが、毎日毎日パンに塗っていると、さすがにそのうちジャム同様に飽きてしまった。また、しばらくして、レモンカードが恋しくなった頃、瓶を覗くと、殆ど空になっていた。ジャムトーストやバタートーストをあまり食べない連合いがすっかり平らげてしまっていたのだ。
 

☆ランキングに参加しています☆
↓応援のクリックを宜しくお願いします。

FC2 ブログランキング 人気blogランキング にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

|

« (て) 電球 LIGHT BULB | トップページ | (や) ヤクルト YAKULT »

・食材(その他)」カテゴリの記事

コメント

英国に行った時に宿泊先の朝食で、
小瓶の食べきりサイズのジャムが何度か出てきました。
・・・お土産にしましたw
それはさておき、本題のレモンカードですが、
食べた記憶がありません。
オフシーズンになったら作ってみようかなぁ。
でも甘いものは作ったこと無いんですよね。
計量するのが面倒なんですw

投稿: KAZU | 2007年10月19日 (金) 20時00分

トーストに塗るのは美味しそうですね。
イギリスのホテルではサンドイッチ用?
の薄いトーストをカリカリに焼いていっぱいジャムを食べれて幸せでした。

日本にもオシャレなデパ地下とかではイロイロなジャムやペーストが売っていますが、
高くて手がだせません。

MYジャムやアヲハタのマーマレードとりんごジャムばかりで飽きてきました。
安くて美味しいジャムかペーストが出回ってほしいです。

投稿: ぱんちゃん | 2007年10月19日 (金) 21時50分

KAZUさん、コメントありがとうございます。

私も自分では作ったことがないのですが、
計量はお好みでどうぞw

ジャムとはまた違った美味しさですので、
是非試してみてくださいね。

投稿: ろっきぃ(管理人) | 2007年10月22日 (月) 00時24分

ぱんちゃん、コメントありがとうございます。

レモンカードもジャムのようにデパ地下だけでなく、
一般に普及する日が来るといいですね。

また、レモンカード作りは、ジャム作り以上に簡単ですので、
挑戦なさってみるのも一つの手かもしれませんね。

投稿: ろっきぃ(管理人) | 2007年10月22日 (月) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (て) 電球 LIGHT BULB | トップページ | (や) ヤクルト YAKULT »