« (や) ヤクルト YAKULT | トップページ | (あ) 安全胴衣 SAFETY WAISTCOAT »

2007年10月25日 (木)

(か) かぼちゃ [南京] Kabocha

Kabocha_halloween_2  もうすぐ、10月31日、ハロウィンだ。イギリスでもこの時期になると、店頭に大きなオレンジ色のかぼちゃが高く積まれる。ハロウィンのランタン、ジャック・オー・ランタン(Jack-o-lanterns)を作るためのかぼちゃだ。

 お化けに仮装した子供たちがお菓子をねだりにやってくるような一軒家にも住んでおらず、それぐらいの年の子供もいない我が家。ハロウィーンの行事とは無縁で、毎年、ランタン用のかぼちゃを横目に一般の食用のかぼちゃに向かう。
 

☆ホクホクにならないパンプキン
Kabocha_pumpkin  ランタン用に山積みされているでっかいかぼちゃは明らかに無理そうだが、普通に売られているかぼちゃは煮物にも使えるのではないかと思い、パンプキン(pumpkin)と書いてある小ぶりのものを使ってみたことがある。

 しかし、見た目は日本のかぼちゃに似ていたものの、味、食感はかぼちゃというより、瓜だった。ポテトサラダならぬカボチャサラダも作ってみたが、大失敗。汁気を取れば食べれると思って、布巾に包んで絞ったら、10分の1ほどになって、繊維だけが残った。
  

☆Kabocha
Kabocha  やはり、普通のスーパーでは日本のカボチャは入手できないかと思っていたところ、さつまいも(Kumara)、栗(sweet chestnuts)に並んで、”Kabocha (カボチャ)”を発見。

 スカッシュ(カボチャ)(Squash (Kabocha))と表示の付いた小ぶりのかぼちゃ。イギリス産だが、見かけも日本で使っていたかぼちゃそっくりだった。早速、購入して煮物にしてみたところ、ホクホク甘く、まさしく日本のかぼちゃの味だった。

 知ってか知らずか、秋の味覚、「芋・栗・南京」と3つ並べて置いてあるなんて、イギリスのスーパーもなかなかやるもんだ。

 ちなみに、日本で出回っているかぼちゃは「西洋かぼちゃ」というもので、「日本かぼちゃ」ではないそうだ。「日本かぼちゃ」は、縦に深い溝の入ったいわゆる「かぼちゃ形」をしているものだそう。

 「日本かぼちゃはKabocha(カボチャ)にあらず」、また、「西洋かぼちゃはKabocha(カボチャ)でパンプキン(pumpkin)にあらず」。
 なら、こちらで広く出回っている「パンプキン(punpkin)」というものは、どう日本語に訳せばいいのだろうか。
 

☆スカッシュとは?
 ところで、”Kabocha(カボチャ)”に同時に表示されていた「スカッシュ(squash)」とは日本語にすると「瓜」になるだろうか。カボチャ(pumpkin)、ズッキーニ(courgette)、キュウリ(cucumber)などのウリ科の総称のことだそうだ。

 飲み物のレモンスカッシュのスカッシュや屋内スポーツのスカッシュと同じ綴りだが、意味は全く異なるというわけ。

 イギリスには上記以外にもいろんなスカッシュが出回っている。アコーン(acorn)、オニオン(onion)、マロー(marrow)、バターナッツスカッシュ(butternut squash)などなど。
 中にはパンプキンに分類されるものもあるが、また別の記事でゆっくりとご紹介したい。Kabochaに勝るとも劣らないスカッシュもあるので、どうぞお楽しみに。
 

☆Kabochaが見つからないときは?
Kabocha_buttercup  その後、Kabocha(カボチャ)が店頭にない場合は、バターカップ・スカッシュ(Buttercup squash)を入手するとよいことがわかった。
 Kabocha(カボチャ)とほぼ同じ、ホクホクした甘い味。実際、外側もKabocha(カボチャ)そっくりで、同じカゴに入って売っている。見分ける違いは、付けられたシールによってのみ。

 実は、なんでも適当、いい加減なこの国のことだから、シールを貼り間違えているだけだったりして。
 

☆ランキングに参加しています☆
↓応援のクリックを宜しくお願いします。

FC2 ブログランキング 人気blogランキング にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

|

« (や) ヤクルト YAKULT | トップページ | (あ) 安全胴衣 SAFETY WAISTCOAT »

・食材(野菜・果物)」カテゴリの記事

コメント

ハロウィンで子供たちがお菓子をねだりにやってくる行事
私が小さい頃にも似たような風習がありました。
それは十五夜の時。
ススキと一緒に果物やらお菓子やらを飾りますが、
それを近所の子供が盗ってよいというものでした。
ただ最近は子供が少なくなったせいか、
物騒な世の中になったからかなくなってしまいました。
・・・あまり本文と関係ありませんねw

投稿: KAZU | 2007年10月27日 (土) 20時39分

KAZUさん、コメントありがとうございます。

そちらにも似たような風習があったんですね。
なくなってしまったとは残念です。
イギリスのハロウィンでも最近は色々と規制があるようですよ。
ハロウィンについてはまた別の記事でご紹介する予定ですので、
楽しみにお待ちくださいね。
来年の10月以降ですがw

投稿: ろっきぃ(管理人) | 2007年10月28日 (日) 20時16分

お花屋さんでも結構、ジャックオランタンや、かわいいかぼちゃのオーナメントがついた
アレンジメントが売っていますね。

わざわざ買おうとは思いませんが、夏は切花を買いにくいので(もたないので)
そろそろお花でも買おうかな、という気になりました。

クリスマスに向けて、イロイロ素敵な商品がならぶのが楽しみです!
来年は珍しく披露宴にもよばれているのでパーティー服もかおうかな
って脱線してすみません。。。

投稿: ぱんちゃん | 2007年10月31日 (水) 21時26分

ぱんちゃん、コメントありがとうございます。

カボチャよりも、年末年始の行事のほうが気になる
季節になってきましたね。

ジャック・オ・ランタンのかぼちゃは
悪霊を遠ざける意味があるそうですが、
日本でも「冬至にかぼちゃを食べるとよい」と
いう言い伝えがありますよね。

今の間にたっぷりかぼちゃを食べて、
健康で楽しい年末をお過ごしくださいね。

投稿: ろっきぃ(管理人) | 2007年11月 1日 (木) 05時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (や) ヤクルト YAKULT | トップページ | (あ) 安全胴衣 SAFETY WAISTCOAT »