« (て) 電気瞬間湯沸かし器 [電気シャワー] ELECTRIC SHOWER | トップページ | (も) 物干し [洗濯物干し] AIRER »

2007年7月26日 (木)

(さ) ざくろ [ザクロ] POMEGRANATE

Pomegranate  和の果物というイメージが強いざくろ。しかし、ここイギリスでは、むしろ日本よりもずっとメジャーな果物である。果物屋はもちろん、大抵どこのスーパーでも見かけるように思う。

 ザクロの原産は、イランやインド北部、サウジアラビアなど。北半球では9月から11月に、南半球では3月から4月に出回ることから、「冬の宝石(Jewel of Winter)」として知られてきた。
 しかし、今では、南アフリカや中東、カナリア諸島、地中海などの温暖な気候の土地で栽培されたものが出回るようになって、イギリスでも主に冬季を中心に一年中手に入る果物となったそうだ。
 

☆ざくろの食べ方
 早速、我が家もイギリスのざくろを食べてみた。実はそのままのざくろを食べるのは、イギリスに来て初めて。つい勢い余って買い物カートに入れてしまったものの、どうやって食べたらいいのかもわからなかった。調べたところ、最初に切れ目さえ入っていれば、簡単に手やスプーンで食べれるようだ。
 
Pomegranate_inside  日本では、「ざくろのようにぱっくり割れて」などと表現されることがあるように、割れているものを食べるようだが、こちらのざくろは、割れたものが売っているわけでも、割れるのを待つわけでもなく、切って食べるもののようだ。
 とりあえず、くし型に切って、皮を大きく剥がすようにすると、ポロッと面白いように実がほぐれた。
 

☆見た目と果汁を味わう果物?
 ほぐれた果実を数粒摘んで食べたが、なんだかどうってことない味。ポロポロ実が外れるので、一気に口に入れてみた。すると、ほんのり甘酸っぱい果汁が口の中に広がった。
 ざくろは、みかんりんごのような果物とは違って、赤い宝石のような果実を見て味わい、その果汁を飲んで味わうのがよいようだ。

Pomegranate_ham  イギリスでは、生で食べる場合は、見た目を生かしてサラダやクスクスに入れられたり、ハムや肉の上にソースとしてトッピングされたりしているようだ。

 ざくろジュースもいろんなものが出回っており、スーパーブランドのものや常温保存可能のものまである。大抵はリンゴジュースやクランベリージュースなどが混ざって、さらに飲みやすくなっているようだ。
 それほど見かけてはいないが、ムースや、フール、アイスクリーム、シャーベットなどのデザートにも使われているようだ。
 

☆ざくろと爆弾と肉料理
Pomegranate_juice  また、赤い色のカクテルの色づけシロップとして有名なグレナデン・シロップ(grenadine)もざくろが材料。この言葉、フランス語でざくろを意味する”grenade(グルナード)”に由来するそうだ。最近では果汁が使われているものは少なく、単に着色されただけのものが多いようだが。

 ちなみに、「手榴弾(しゅりゅうだん)、手投げ爆弾」を意味する英語の”grenade(グレネイド)”は同じくこのフランス語から来ているのだとか。ざくろと手榴弾。似ているような似ていないような。「ざくろ」を漢字で書くと「石榴」や「柘榴」になるが、「手榴弾」という言葉にも使われている「榴」という漢字自体が「ざくろ」という意味なのだそうだ。

 また、日本でもイギリスでもまだ食べたことがないが、グルナダン(Grenadine)というフランス料理がある。子牛または、魚に豚脂やベーコンを刺して蒸し煮にした料理だが、こちらも、ざくろが使われているわけではなく、見かけがざくろに似ているためにそういう名前になったのだとか。
 

☆イギリス人とざくろの意外な関係
 ところで、実際には聞いたことがないのだが、オーストラリアやニュージーランド、南アフリカなどのイギリス連邦で使われるスラングの中に、「イギリス人」のことをさす「ポム(Pom)」、または「ポミー(Pommy)」という言葉がある。
 この「ポム(Pom)」、一説には、”Prisoners of his magesty (直訳:国王の囚人)”の頭文字から来ているとも言われているが、また別の説では、ざくろに由来すると言われている。

 ざくろの英語は、”Pomgranate”。カタカナでは、「ポメグラネイト」と書かれることが多いが、実際の発音はポムグラニットやポミグラニットという感じ。
 この発音が、他国からの移民という意味の”immigrant (イミグラント)”と似ており、南国の陽射しに照らされて真っ赤に日焼けしたイギリス移民の頬がざくろのようだというので、「ポム(Pom)」と呼んだという説である。この説は最近は否定されつつあるようだが、当時の様子を物語っているようで興味深い。

 第一次世界大戦時、侵略者として次々と乗り込んでくるイギリス人は、現地の人々にとって厄介なよそ者(immigrant)であり、現地の強い陽射しに照らされて真っ赤になったイギリス人色白い肌は、奇妙かつ滑稽に見えたのだろう。侵略者への怒りを侮蔑のジョークに変えた表現ともとれるかもしれない。いずれにせよ、日本人の私たちが軽々しく使える言葉でないのは確かなようだ。
 

☆ざくろの作用
Pomegranate_cake  ざくろは、その無数にぎっしり詰まった小さな果肉と、真っ赤な果汁から、子孫繁栄(子宝)や不死、死を象徴するものとして、多くの国でもてはやされてきたそうだ。

 古くから自然科学が発達していたイギリスでも、ざくろは薬理効果があるものとして崇拝されてきたようだ。今でも、イギリスの王立助産婦師協会(RCM: the Royal Collage of Midwives)や、王立産婦人科大学(the Royal Collage of Obstetricians and Gynecologists)、王立内科医師会(the Royal Collage of Physicians) などの医学協会の紋章にざくろの木や実が使われている。
 王立助産婦師協会の紋章はこちらからご覧になれます(英語)。一番上に3つある黄色い実がざくろだそうです。
 
王立産婦人科大学の紋章はこちらのサイトの終わりのほうにあります(英語)。足元の実がざくろだそうです。

 実際、ざくろには、そういった長寿や不妊治療の作用があるのだろうか。
 ざくろは、女性ホルモンの働きをする天然のエストロゲンをその種子中に含んでいるとも言われている。そのため、「更年期障害」、「生理不順」、「不妊症」に効くと言われ、ここ数年、日本でも注目を集めてきた。また、逆に、そのエストロゲンの含有のため、乳がんや子宮がんなどの、女性ホルモンの作用の影響を受ける婦人病にかかっている人は摂取に気をつけたほうがよいともいわれている。
 しかし、その効果や作用の真偽のほどはよくわからないし、否定的な見解が出されていたりもする。

 そもそも、大豆やリンゴ、ゴマなどといった他の食品同様、薬ではないのだから、ホルモン治療の代用にすること自体が間違いなのかもしれない。ホルモン効果があろうとなかろうと、ビタミンCや葉酸、繊維質、カリウムが多く含まれている優良な果物であることには変わらない。
 

 と、言いつつ、鰯の頭でも信じてしまう私は、せっせとザクロジュースを飲んでいる。美味しくてついつい飲んでしまっているだけかもしれないが。
 特に、風邪ひきの時に連合いが作ってくれたジュースの味は格別で、一気に風邪が治ったような気がした。レシピは、ざくろとリンゴ、レモンの果汁を絞って、蜂蜜を加えたのだとか。
 本人は面倒で二度と作らないと言っているが、ざくろが手に入った方は是非お試しを。
 

☆ランキングに参加しています☆
気に入ってくださったら、 ←クリックしていただけるとうれしい です。

|

« (て) 電気瞬間湯沸かし器 [電気シャワー] ELECTRIC SHOWER | トップページ | (も) 物干し [洗濯物干し] AIRER »

・食材(野菜・果物)」カテゴリの記事

コメント

ザクロジュース私も飲みたいです!女性らしくなるのかな。。?

漢字も初めて知りました。石榴、柘榴、たしかにWordで変換されますね。

ある化粧品会社で柘榴パワーをうたった赤いシリーズがでています。
よくわからないけれど、生き生きとはりが出るらしいです。

サプリもよくみかけますね。女性にどうぞ、って。
女性にどうきいてどうなるのか、よくわからないので買ったことはありませんが、
安いジュースなどが手に入るなら試してみたいです。

投稿: ぱんちゃん | 2007年7月26日 (木) 19時01分

エストロゲンとざくろの関係は聞いたことがあります。
まぁ♂な私には無関係なんだろうと、
飲んだ記憶はありませんがw
でも連れ合いさんが作ってくれたジュースなら、
私も飲んでみたいかも。
面倒なのによく作ってくれましたね^^
たまには風邪ひくのもよいかもって思いませんでしたかw?

投稿: KAZU | 2007年7月26日 (木) 23時26分

>ぱんちゃん
コメントありがとうございます。

女性らしくなるかどうかは謎ですが、色も鮮やかで美味しいので
ジュースはお勧めですよ。
ジュースの値段は、物にもよりますが、リンゴジュースや
オレンジジュースとさして変わらなかったように思います。
 

>KAZUさん
コメントありがとうございます。

連合いは手作りトマトジュースに触発されたのだと思いますw
実が外れにくいざくろを運悪く選んでしまったらしく、
絞るのよりもほぐすのが大変だったそうです。
ジュースは有り難かったですが、風邪はもうこりごりですw

投稿: ろっきぃ(管理人) | 2007年7月27日 (金) 18時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (て) 電気瞬間湯沸かし器 [電気シャワー] ELECTRIC SHOWER | トップページ | (も) 物干し [洗濯物干し] AIRER »