« (ふ) フェイクタン -後編- FAKETAN part2 | トップページ | (わ) 割り勘 [ラウンド] ROUND »

2007年7月12日 (木)

(き) キュウリ [胡瓜] CUCUMBER

☆でっかいイギリスのキュウリ
Cucumber_comparison  イギリスのキュウリは太く大きい。日本のキュウリの1.5倍ぐらいある。

 大きい分、日本のきゅうりのような束売りではなく、一本か半分の単位で売られている。1本0.7ポンド(約140円)ほど。大きさとこちらの物価を考えるとお手頃かもしれない。

 こちらで流通しているこのキュウリ、「英国温室型キュウリ(English cucumber)」と呼ばれるもののようだ。
 日本のキュウリのおいしさの指標になるブツブツはないが、種類が違うせいだろうか、味はそれほど悪くない。

 太い分、真ん中の軟らかい部分が多いが、一応、酢の物や手巻きすしにも使える。市販の寿司の中にも、このキュウリを使ったらしきかっぱ巻きが入っている。
 イギリスの人は普段どう使っているかというと、サラダにしたり、サンドイッチに入れたりしているようだ。加熱してスープに使われることもある。
 

☆しなしなを味わう?キュウリのサンドイッチ
Cucumber_sarnie_1  キュウリを使ったイギリスの食べ物の代表格といえば、やはり、「キュウリのサンドイッチ(cucumber sandwich)」だろう。アフタヌーンティーの定番とも言われている。

 バターを塗ったサンドイッチパンの間に、皮を剥いて薄くスライスされた、軽い酢漬けのキュウリが挟まれている。つまり、具は本当にキュウリだけ。極々シンプルなサンドイッチだ。

 ビクトリア時代の貴族が、その時代にまだ高級品だったキュウリを薄くスライスしてサンドイッチに入れたのが始まりだそうだ。
 もちろん今では、ハムやツナやいろいろなものが入っている普通のサンドイッチがもちろん主流で、店頭でもキュウリだけのサンドイッチはあまり見かけない。

 食べてみたところ、日本のサンドイッチに入っているものとは異なり、キュウリのシャキシャキ感を味わうのではなく、キュウリの甘み(?)を味わうサンドイッチという感じがした。栄養価はないし、腹持ちもよくないが、想像していたよりずっと食べやすかった。Cucumber_pimms
 

☆キュウリの入ったカクテル
 もう一つ、イギリスらしいキュウリのレシピといえば、ピムズだろう。伝統的な夏の飲み物である。
 最初、見たときは「飲み物にキュウリ?!」と思ったが、飲んでみるとキュウリの青臭さが爽やかに感じられて美味しかった。
 

☆ピクルスキュウリのガーキン
 その他にイギリスでよく見かけるキュウリは、ガーキン(gherkin)という小型のピクルスキュウリ。生で見かけることはなく、いつも酢漬けになっている。
Cucumber_gherkin バゲットのサンドイッチに入っていたりするが、歯ざわりがしっかりしていて、なかなか美味なように思う。
 日本であまりピクルスのキュウリを食べていなかったのでよくわからないが、日本のピクルスキュウリに比べて身がしまってコリコリしており、かなり違うもののようだ。

 我が家では、刻んで、サラダや洋風の炒め物のアクセントとして使っている。瓶詰めのガーキンは、様々なハーブやパプリカ、エシャロット、玉ネギのみじん切りなどが一緒に入っていることも多く、料理の味に深みがでるような気がする。
 

☆「キュウリのように冷静な」
 ところで、こちらには、”as cool as a cucumber”という表現がある。直訳すると、「キュウリのように冷静な」。
 これは、イギリスの詩人で劇作家のジョン・ゲイ(John Gay)が1732年(江戸時代半ば)に詠んだ詩”A New Song on New Similies”の以下の一節が発端だとか。

 ”(I) Cool as a cucumber could see The rest od woman kind”. 直訳「私はキュウリのように他の女性に対して冷静でいられた」
 内容はよくわからないが、一種の恋歌なのだろうか。
 
 日英のキュウリの違いは案外大きいようだ。
 

☆ランキングに参加しています☆
気に入ってくださったら、 ←クリックしていただけるとうれしいです。

|

« (ふ) フェイクタン -後編- FAKETAN part2 | トップページ | (わ) 割り勘 [ラウンド] ROUND »

・食材(野菜・果物)」カテゴリの記事

コメント

販売用の野菜苗で胡瓜を栽培しました。
普通の胡瓜&四川(スーヨー)胡瓜を栽培したのですが、
後者は漬物向きで歯切れが良いそうです。
(プランターで栽培していないので、
 知識として知っているだけですがw)
English cucumberとは対照的なのでしょう。
でも旬はやはり夏なのでしょうか?

投稿: KAZU | 2007年7月12日 (木) 21時53分

KAZUさん、コメントありがとうございます。

四川胡瓜・・・聞いたことがないですね~。
一度食べてみたいです。

ちなみに、イギリスのキュウリも、特に周りの部分は
シャキっとして美味しいですよ。
太いので丸かじりはちょっとキツそうですがw
年中見かけますが、キュウリを使った飲み物は
夏の定番ですね。

投稿: ろっきぃ(管理人) | 2007年7月14日 (土) 13時42分

カクテル、初めてみました。
どんな味がするのか、きれいだし、飲んでみたいです。

私がいったころは、季節のせいか、きゅうりはみんなグダグダにゆでてあって
糸瓜を食べているみたいでした。

そーいえば、最近有機野菜のカフェとかがはやっていて、
きゅうりのジャムをみました。
キュウイ?かとおもったけどやはりきゅうりでした。
もちろん、購入はしてません。

投稿: ぱんちゃん | 2007年7月16日 (月) 20時25分

ぱんちゃん、コメントありがとうございます。

ピムズはピムズ・ナンバーワンというリキュールがポイントなのですが、
ひょっとしたら他のジンベースのものとも合うのかもしれませんね。

きゅうりのジャムとは面白いですね。
どんな味がするんでしょうか。

投稿: ろっきぃ(管理人) | 2007年7月17日 (火) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (ふ) フェイクタン -後編- FAKETAN part2 | トップページ | (わ) 割り勘 [ラウンド] ROUND »