« (ふ) プリン CREME CARAMEL | トップページ | (ほ) ボイラー BOILER »

2007年5月31日 (木)

(ひ) 肥満 OBESITY

☆「ギルバートグレイプのお母さん」
 『ギルバート・グレイプ』という映画をご存知だろうか。1993年(平成5年)のアメリカ映画で、ジョニー・ディップ主演。レオナルド・デカプリオが知的障害者の役を好演している。物語は、主人公が家族愛ゆえの束縛と自由との狭間に悩みながら成長していく青春ドラマである。

←『ギルバート・グレイプ』DVD(楽天市場)

 この主人公の母親は過食症で家からでることすらできないほど太ってしまっている。物語自体はとても感動的なのだが、この超肥満の母親像はちょっと誇張過ぎだよなと思っていた。

 しかし、周知のように、アメリカでは現実でも同じようなことが起こっている。2004年(平成16年)の『スーパー・サイズ・オブ・ミー』という映画では、毎食マクドナルドのハンバーガーばかりを食べるとどうなるかということを、監督自身が身を持ってドキュメンタリーとして伝えている。

スーパーサイズ・ミー 通常版 DVD スーパーサイズ・ミー 通常版 (amazon.co.jp)

 そして、肥満が広く認識されているのはアメリカばかりではない。
 
 

☆イギリス人の体型、虚像と現実
 日本にいた頃から私の中では、ヨーロッパでも、特に中年以降の人は肥満が多いというイメージがあった。ドイツ人はジャガイモとビールのため、フランス人も食への関心が強いため、といった感じで。しかし、イギリスは痩せ型の人が多いとずっと思い込んでいた。

 おそらく、男性では、チャールズ皇太子をはじめ、NHKでやっていたイギリス制作の『シャーロックホームズの冒険』の主演俳優のジェレミー・ブレット(Jeremy Brett)や、ヒュー・グラント(Hugh Grant)、ダニエル・デイ=ルイス(Daniel Day-Lewis)、女性では、故ダイアナ元妃、エマ・トンプソン(Emma Thompson)やケイト・ベッキンセール(Kate Beckinsale)といったスラッとした痩せ型の人をサンプルとして見て来たためかもしれない。

シャーロック・ホームズの冒険[完全版]DVD-BOX 1
↑左から順に、ジェレミー・ブレット、ヒュー・グラント、ダニエル・デイ=ルイス、エマ・トンプソン(右二つ)、ケイト・ベッキンセール (楽天市場)

 また、渡英前に知り合ったイギリス人は、「自分達は食べるために暮らしているのではなくて、暮らすために(仕方なく)食べている。」と言っていたし、今までに日本で出会ったイギリス人は皆それほどには太っていなかったせいもあるかもしれない。

Obesity  そういうわけだから、日本を出発して十何時間後に到着した異国の一般的な光景に目を丸くしてしまった。

 町にはあちらこちらに、「ギルバートグレイプのお母さん」予備軍の人が。皆、歩行がかなり困難そうだ。まるで幼児のようなよちよち歩きになっている。肥満のため歩行不可能になったのか、それとも歩けないために結果的に太ってしまったのか不明だが、車椅子に乗った肥満の人もかなりの頻度で見かけるほどである。

 そして、やはり全体的に日本に比べてふくよかな人が多い。若い女性でもおなかがぽっこりと出ている。腰まわりの贅肉を表す「スペア・タイヤ  (spare tyre/tire)」というスラングまでイギリスにあるほど。そう、車の交換用のタイヤが胴回りに付いているような体型のことだ。

 あまりにもおなかが出ているので、渡英当初は、妊娠しているのだと思って、車中で無条件で席を譲っていた。妊婦の頻度の高さに何かおかしいと気付いたのは渡英後半年ほど経ってからのことだった。
 

☆肥満の基準は?---イギリスは統計的にも肥満大国
 イギリスの特に田舎の人たちは、日本に比べて明らかに肥満の傾向があるのが見て取れるのだが、統計にもしっかりとイギリスは肥満大国であることが表れている。

 肥満の基準はなんなのだろうか。国や人種によって体型や体格が違うため、その国の標準体型を基準にしていては、その人が国際的に肥満に分類されるのかどうかはわからない。日本で「太め」と認識される人でも、こちらに来ると「痩せている」と認識されるように。

Obesity_bmi  そこで出来た国際的基準の判断となるものが、日本でもよく使われている BMI、ボディマス指数(Body Mass Index)というものである。
 体重(Kg)を身長(m)の2乗で割った値で、WHO(世界保健機構)によると、BMI値 25以上が標準体重超過(overweight)、30以上が肥満(obesity)と定義されている。

 アジアやアフリカでは標準BMI値は22~23であるのに対して、北アメリカ、ヨーロッパ、一部のラテンアメリカ、北アフリカ、太平洋諸国では25~27だそうだ。

Obesity_comparison  2004年(平成16年)のイギリスのBBCの報告によると、イギリスの成人の肥満率はこの25年間に4倍に増えており、国民の22%が肥満(BMI≧30)、4分の3が標準体重超過(BMI≧25)になっているそうだ。また、子供においても、肥満率はこの20年間に3倍に膨れ上がっており、6歳の子供の10%が、15歳の子供の17%が肥満だそう。

 日本では、18.5未満を「やせ」、18.5以上25未満を標準、25以上を肥満とし、肥満の中でも25以上30未満を肥満1度、30以上35未満を2度、35以上40未満を3度、40以上を4度としているようである。
 日本では体脂肪率を基準とする場合も多いが、こちらイギリスではあまり聞かない。
 ちなみに、日本では、肥満(BMI≧30、肥満度2~4)は2~3%、標準体重超過(BMI≧25、肥満度1)は、国民の4分の1弱だそうである。
 

☆どうして肥満に?
Obesity_trolley  体質的には日本人のほうがずっと太りやすいそうだが、イギリス人の暮らしを見ていると、肥満人口がこの国に多いことに関して、何の不思議も感じないだろう。とかく、脂肪分や糖分の多いものを大量に食べるのだ。

 イギリスの一般的な料理の特徴は、ジャガイモ料理、揚げ物料理、バターで炒めて生クリームを加える料理、パイやタルトなどの料理が多いことである。そして、お菓子やデザートは甘く、クリームをたっぷりと添えることが多い。

 実際、こちらに来て困ったのが、ちょっとつまむ程度のおやつ。日本では、薄焼きせんべい、普通のせんべい、あられなどの米菓や、軽い焼き菓子やかりんとう、小袋に入ったポッキー、プリッツ類、小箱に入ったチョコレートなどを食べていた。日本には糖分は高いが油分が少ない和菓子もある。洋菓子も少量ずつパックされているため、大食いしなければそれほど体型に影響はでない。

 しかし、イギリスのお菓子は、ポテトチップス系か、チョコバー、そして、おいしいのだけど大量に入っているシュークリームやケーキなどの洋菓子系。これらの油、小麦粉、バター、砂糖で出来たお菓子を毎日つまんでいると、いつの間にやら小イギリス人の出来上がりというわけだ。
 
 

☆ダイエット・痩身術が大流行
 肥満人口の急激な増加のためだろうか、イギリスは今や国中がダイエット・痩身ブームと言ってもおかしくない状態である。

 女性週刊誌はいかにして痩せるかという見出しばかり。何ストーン体重を減らしたという体験談もよく見かける。ストーン(stone、石)とは、イギリスで使われる体重の単位だが、1ストーンは約6.35Kg。小石ではなく、岩という感じがする。
 食品も低脂肪、油分XX%カットと書かれた商品が数多く出回っている。ウェイトウォッチャーズ(Weight Watchers、意訳「ダイエット中の人」)というアメリカのダイエット製品会社のブランドも、ヨーグルトからワインまであちこちで見かける。
 Weight Watchers.co.ukのサイトはこちら(英語)。

 学校の給食も、日本でもお馴染み(?)のイギリスの若手カリスマシェフのジェイミー・オリバーがキャンペーンをおこなって、従来のフライドポテトやチョコレートが入ったメニューから、肥満を防止するヘルシーなものに変わってきている。

ジェイミー・オリバーのラブリーダイニング(楽天市場)

 テレビ番組も例外ではない。中でもびっくりしたのが、痩身のTV番組。肥満の人を脂肪吸引して変身させるというものだ。実際に吸引しているシーンを見せるので、少々、いやかなりグロテスク。

 しかし、また逆に、肥満した裸をいかに美しく見せるかという番組までやっていた。最後には都会のど真ん中にその人の大きなポスターが飾られるシーンが放映されていた。それを見て、連合いは目を覆い、私は裸婦の絵画を思い出した。
  

☆肥満は悪いこと?
 日本では、太っているとその人の人格さえ否定されてしまう場合も多いような気がする。太っている人に対して、冷ややかな視線を送る人も少なくないのではないだろうか。しかし、イギリスでは、人の概観によって明らかな差別をすることは少ないように思う。国民の大半が太っているからだろうか、肥満に対する差別意識はあまり感じられないように思う。
 男女の関係においても同様のよう。日本では痩せている異性が好まれる傾向があるが、こちらではそれ程には肥満度は恋愛度と相関性がないようだ。

 歩けなくなってしまったり、健康を害するまでになってしまうほど太るのは論外だが、痩せている人よりも太っている人のほうが寿命が長いという統計まであるぐらいだ。ある程度太っていることは、それほど悪いことではないのかもしれない。

 そう言いつつも、一時帰国で日本に戻った時に、「太ったね。」、「中年太りじゃない?」と言われ、ショックで食が細くなった私たち夫婦。皆、自分だけは痩せていたいと思うものなのかもしれない。
 

☆ランキングに参加しています☆
気に入ってくださったら、 ←クリックしていただけるとうれしいです。

|

« (ふ) プリン CREME CARAMEL | トップページ | (ほ) ボイラー BOILER »

・暮らし(病気・体質)」カテゴリの記事

コメント

ギルバート・グレイプ、かなり鮮烈でした。
ディカプリオの精神疾患の演技もさることながら、
最後のシーン、確か、家から出られなくなったお母さんを
家ごともやしてしまうんでしたっけ?

イギリス人のイメージは、面長、ヘイスティングス系のほっそりだったので
結構おどろきました。
粗食なのかな、と思ってましたし。

日本では、メタボリック・シンドロームが流行語です。
特に、30台の若い男性は、すごい勢いで太るひとがいますよね。

遺伝的なものなのか、生活習慣かよくわかりませんが、
今のところ、体重が増えると自動的に胃がこわれてしまうので
心配はなさそうです。

ろっきー家では、ろっきーさんのお料理がおいしすぎて
ご家族が肥満にならないように祈るのみです。

投稿: ぱんちゃん | 2007年5月31日 (木) 21時48分

ぱんちゃんコメントありがとうございます。

名探偵ポアロの相棒を思い浮かべられるとは、さすがですねw

イギリスでも4人に1人はメタボリック・シンドロームという報告もあるようです。
でも、日本ほどは騒ぎにはなっていないような気がします。

胃がこわれてしまうのは大変でしょうが、体重を気にしなくていい体質と
いうのはうらやましいですね。

うちの料理は和食が基本なので、仮に美味しければあまり太らないはずなのですが、
我が家は確実に体重増加しているようですw
しかし、こちらの周りの人に言わせると、「全然痩せている」とのこと。
それに、我が家の鏡はイギリスのごく普通のものなのですが、気のせいか、
痩せてみえるようなのです。

イギリスに来たアジア系の人、特に男性は1、2年でみるみる太っていかれます。
思うに、「イギリスの油っこい食事」、「まだまだ許容範囲という気持ち」、
「寒い夏」などの複合的要因が絡んでいるようなw

投稿: ろっきぃ(管理人) | 2007年6月 1日 (金) 19時39分

イギリスでは女性の肥満が目立つのでしょうか?
昨年に同窓会があったのですが、
女性の変貌より男性の変貌が目立ちました。
メタボ君の多いこと多いことw
男性は頭髪も絡んできますからねw

と言っている私もBMI値が23・・・。
中3当時は同じ身長でBMI値が16だったのですが、
さっき計算したら今は23・・・。

人生太く短く!

投稿: KAZU | 2007年6月 1日 (金) 22時18分

KAZUさん、コメントありがとうございます。

肥満体型の男性も多いですが、女性のほうがより激しいような気がします。
「太めの女性=もてない」という等式があまり当てはまらないからでしょうか。
20代の女性でも、おなかぽっこり、二の腕むっちりの人が多いです。
また、体は太っていても顔は概して小さいのが特徴ですね。
レジや受付嬢の立ち上がった姿にびっくりすることも多いですw

頭髪という意味では、イギリス男性の変貌も激しいですよ。

BMI値が23ですか。イギリスでは「痩せすぎ」と言われますよw
うちは怖くて計算していませんw
そろそろ体重計ぐらいは導入しないと・・w

投稿: ろっきぃ(管理人) | 2007年6月 2日 (土) 03時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (ふ) プリン CREME CARAMEL | トップページ | (ほ) ボイラー BOILER »