« (し) ショートブレッド SHORTBREAD | トップページ | (か) カウンシル税 [住民税] -前編- COUNCIL TAX -part1- »

2007年3月26日 (月)

(ち) チャヴ CHAV

☆リトル・ブリテンの中のチャヴ
 イギリスにやってきて間もない頃のことだ。おかしなキャラクターグッズを見かけた。
実写のピンクのジャージのような服をまとった金髪の太った女の子や、車椅子に乗った太ったやる気のなさそうな男性が載っている。グリーティングカードに、カレンダーにと大した人気のようだった。

 

←リトルブリテン シリーズ1~3 DVD
(amazon.co.uk) (日本への発送はできないようです。)

 これ、『リトルブリテン(Little Britain)』という、イギリスのBBCテレビのコメディドラマの登場人物たち。このドラマでは、イギリスではどこにでもいそうな典型的な人々がデフォルメされて登場する。
 イギリスでも大ブームと呼べるほどの人気ぶりで、英国アカデミー賞の最優秀コメディ賞を受賞している。イギリスだけでなく、ヨーロッパやイギリス連邦のあちこちの国で放映されて人気を博しており、2006年には国際エミー賞のコメディ部門を受賞している。日本にも2007年現在、WOWWOWで放映されているようだ。BBCのリトルブリテンのサイトはこちら(英語)。幾つかの短いエピソードやインタビュー映像もご覧になれます。
 
 

 Little BRITAIN/リトル・ブリテン ファースト・シリーズ Vol.1 DVD Little BRITAIN/リトル・ブリテン ファースト・シリーズ Vol.1 

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2007/03/21

Amazon.co.jpで詳細を確認する

 実は怠惰で歩くのが嫌なだけで車椅子に乗っている男とそれを知らない介護者、アンディーとルー(Lou Todd and Andy Pipkin)、炭鉱の村で唯一のゲイだと言い張るダフィド・トーマス(Daffyd Thomas)など、かなり強烈なキャラクターが登場する。しかし、皆「あー、こんな人、身近にいるかも!」という感じのキャラクターばかりだ。

 その中でも人気なのが、ビッキー・ポーランド(Vicky Pollard)という、冒頭のピンクを身にまとった女性。彼女は、この国イギリスでは「チャヴ」と呼ばれる若者の(大人たちから見た)典型的な例なのだそう。
 

☆チャヴとは?
 最初、チャヴ(chav)という言葉を聞いた時、なんだかよくわからなかった。連合いに試しに訊いてみると、「ああ、”chubby (チャビィ、丸々太った)”でしょ。」と返された。

Chav_cap_1  チャヴとは、男女ともに、スポーツウェアーに金のアクセサリー、ブランド物(フェイクもあり)などを身につけた貧困層の十代の若者のことを一般に指すようだ。男性の場合はバーバリーチェックの野球帽がトレードマーク。

 何を言ってるのだかわからない乱れた言葉を使うのもチャヴの特徴。冒頭のリトルブリテンの中のチャヴも、かなりの早口でわけのわからないことを罵りまくり、またそれが売りになっている。
 リトルブリテンの中のチャヴをご覧になりたい方は、こちらのBBCのサイト(映像)をどうぞ(英語)。いきなり、音声付の映像が開きますのでご注意ください。

 特定の衣服や言語をまとい、独特の雰囲気をかもし出す現代の若者。日本でいうと、渋谷に出没する(した?)、コギャル、ヤマンバ、マンバという若い女性達に近いような存在だろうか。ただし、チャヴは男女両方に適応される言葉である。
 

☆チャヴ診断クイズ
 チャヴ診断クイズができるサイトまである。そのうちの幾つかを紹介したいと思う。
 以下の10項目のうち、あなたは幾つ当てはまるだろうか。

  1. ピザハットで2人っきりのロマンティックディナーをしたことがある。
     
  2. バーバリーチェックのアイテムを1つ以上持っている。
     
  3. ポットヌードル(Pot nuudle)*を食べたことがある。
      *(注)イギリスのカップヌードル
      
  4. プレゼント用の切花をガソリンスタンドで買ったことがある。
     
  5. トリーシャの番組*に出たことのある人を知ってる。
     *(注)イギリスのメジャーな身の上相談番組。日本でいうと、みのもんた氏のお昼の番組?トリーシャの番組のHPはこちら(英語)。
     
  6. 好きな色は金色で、金色のフープイヤリングを持っている。
     
  7. バーやクラブに自前の飲み物をこっそり持ち込んだことがある。
     
  8. リトルシェフ(Little Chef)*やHappy Eater(ハッピーイーター)*に、用を足しにだけ入ったことがある。
     *(注)どちらもイギリスのファミレス(ファミリーレストラン)。高速道路などでよく見かける。
      
  9. 車にハンギングダイス(furry dice)*や、うなずく犬、ゴー・ファスター・ストライプ(go-faster stripes)をつけたことがある?
     *(注)ミラーのところにつけるサイコロ型のぬいぐるみ
    ←こんなのです。ハンギングダイス(楽天市場)

    Chav_gofasterstripe_1 **(注)保険会社のキャラクター、チャーチルというブルドッグ(?)、はりこ(張子)の虎の人形のように首が動く。ご覧になりたい方は、こちらのチャーチル保健会社のこのサイトをどうぞ(英語)。イギリス国内だけのようですが、ほしい方は購入も可能のようです。
    ***(注)スポーツカーのように見せるために車のボンネットやや屋根につける線。

     
  10. Chav_croydonfacelift_1 クロイドン・フェイスリフト(Croydon facelift)という髪型をしている。(女性の場合)
    *(注)前髪も含めたポニーテール。クロイドンとは、貧民層が住む地域。フェイスリフト(facelift)とは「美容整形」のこと。たるんだ顔の肉が引き上がるため、こう呼ばれる。

 なんとなく、ただのせこくて見栄っ張りな、ミーハーな人物像が浮かび上がるのだが、気のせいだろうか。
 イギリスのカップヌードルにはまったことがあり、他の日本人同様、家にバーバリーの品がある者としては、ひょっとして私もなんて思ってしまう。
 

☆本物のチャヴ?
 これだけメディアで騒がれたにも拘らず、田舎町に住んでいるためか、私も連合いも「これぞ本物」というチャヴを未だ知らない。
 たまにスーパーでも、ピンクジャージに身を包んだ10代前半の子供や、ラフなジャージにアクセサリー、ポニーテールの若い女性を見かけたりする。しかし、実際、彼らをチャヴと呼んでいいのかよくわからない。
 貧困さはチャヴに近いものの、現地人にはほど遠い私達。そのうち、是非、本物のチャヴ、もしくはそれに近い人と一度、お近づきになりたいものだと思い始めていた。

 渡英後、数年のことだ。知り合いの家で、ホームパーティーがおこなわれることになり、招待状メールが届いた。テーマ(ドレスコード)は、「チャヴ」だという。
 早速、チャヴのファッションをリサーチし、連合いとともに、おめかし(?)して出掛けた。

 家の扉には、ちゃんとサイコロのぬいぐるみが飾ってあり、中から激しい音楽が聞こえてきた。
 中は、クロイドン・フェイスリフトの髪型をして、金のフープイヤリングをつけた女性や、ピンクのキャップをかぶりパステル調のトレーナーを着た女性がいたほかは、なんだか、いつものパーティーのノリ。
 バーバリーのキャップに、金のアクセサリーをジャラジャラつけた男性とか、ブランド物のスポーツウェアーを着た女性などといったいかにもチャヴという格好の人はいなかった。中身もそう。渡英後数年で、未だに日本人観光客っぽさが抜けない私達のほうがそれっぽい格好なぐらいだった。

 パーティー自体は楽しかったものの、ちょっと残念だったのも事実。本物が来るとは思っていなかったが、皆、私達よりもチャヴに近い存在だと思っていたからだ。

 後ろ髪を引かれつつ、夜中まで続くパーティーだったので、途中でおいとました。その帰り道、数人のそれこそいかにもチャヴっぽい格好をした若者達に出会った。彼らは、私達の格好を見るなり、「(例のパーティーに)参加してたんだろ?」と言って近づいてきた。
 あれほど切望していたチャヴっぽい人。しかし、正真正銘本物のチャヴに絡まれたと思った私は怖くなり、「No!」と言って立ち去ってしまった。
 チャヴへの道は遠い。
 

☆ランキングに参加しています☆
気に入ってくださったら、 ←クリックしていただけるとうれしいです。

|

« (し) ショートブレッド SHORTBREAD | トップページ | (か) カウンシル税 [住民税] -前編- COUNCIL TAX -part1- »

・暮らし(人・動物・植物)」カテゴリの記事

コメント

「リトルブリテン」も「チャヴ」も初めて聞きました。
チャヴの格好をしてのパーティーは凄いなぁ・・・
と最初に記事を読んだ時は思ったのですが、
冷静に思い起こしてみたら、
その時私が想像してたのは・・・、
マンバの格好をした連れ合いさんでしたw

投稿: KAZU | 2007年3月31日 (土) 18時47分

KAZUさん、コメントありがとうございます。

チャヴの格好といっても、私たちがおこなったのは、
偽物の金のアクセサリーをあちこちに付けて、
パーカーや寝間着のようなトレーナーを着ていったぐらいですw
女性の場合は、それプラス、髪型と化粧をそれっぽくしました。

バーバリーチェックの帽子がなかったので、同柄のハンカチを
バンダナやほうかむりにするという案も出ましたが、
「それは明らかに別のものだろう。」ということで却下になりましたw


リトルブリテンは、ネタによっては、かなりブラックだったりするので、
人によって好き嫌いが分かれるかもしれませんね。
日本人の中には、ダウンタウンのごっつええ感じに通じると感じている人も
いるようです。
個人的には、イギリス人らしい(?)ベタな自虐ギャグに
逆に愛国心が表れているようで、なんとも言えず好きです。


連合いは今は「堅気」になったそうですよw

投稿: ろっきぃ(管理人) | 2007年4月 1日 (日) 18時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (し) ショートブレッド SHORTBREAD | トップページ | (か) カウンシル税 [住民税] -前編- COUNCIL TAX -part1- »