« (か) カレイ [鰈、かれい] PLAICE | トップページ | (ふ) ブルタック BLUTACK »

2006年12月 7日 (木)

(は) バンクホリデー BANK HOLIDAY

☆祝祭日を把握している外国人
 日本でのこと。日本人だらけの職場に外国人が1人いた。来日したばかりの彼女は日本語を殆ど理解できなかった。職場の皆もそれほど英語がうまくないので、最初のほうはコミュニケーションがままならず、職場での数々の行事などを彼女だけが知らないことが多かった。しかし、そんな彼女が、職場の誰よりもよく知っていたのが、祝祭日だった。創立記念日も何故か彼女だけが知っていた。(彼女の名誉のために言っておくが、彼女は決して怠け者だったわけではない。むしろ勤勉なほうだった。)  

 イギリスにやってきて、なんとなく彼女の気持ちが分かるような気がした。この国では、いつでも休みを簡単にとることができるため、それほど祝祭日を気にする必要はないし、特別楽しみにしているわけではないのだが、知らずに職場や銀行や商店に行って、閑散とした建物を眺めると、何だか自分だけ取り残されてしまった感じがする。

Bank_holiday_comparison_1  特にこちらイギリスでは、休日の日にちが年によって大きく変わるものがいくつかあるので厄介だ。日本でも例えば、昔は体育の日は10月10日と決まっていたのが、10月の第2月曜というふうに変更になったため、いちいち前もってカレンダーでチェックしないといけなくなった。イギリスの場合はもっと厄介。イースターなどのキリスト教の行事により月まで変わるものがあるからだ。
 

☆イギリスの休日
 覚えるのが厄介と言っても、イギリスの休日は日本に比べてかなり少ない。特に、イングランドとウェールズでは年間たったの8日である。スコットランドは9日、北アイルランドは10日。日本は15日で、場合によって国民の休日が加わるので、イギリスの倍近くある。

Bank_holiday_1  イングランドの休日は、元旦(New Year's Day)、イースター・マンデー(Easter Monday Bank Holiday)、メーデー(May Bank Holiday)、春のバンクホリデー(Spring Bank Holiday)、夏のバンクホリデー(Summer Bank Holiday)、ボクシングデー(Boxing Day Bank Holiday)という6日のバンクホリデーに、”Common-law(コモンロー、慣習法)”によって定められた、グッド・フライデー(Good Friday)、クリスマスデー(Christmas Day)の2日が加わる。ウェールズも同じ。
 スコットランドでは1月2日のバンクホリデーが、北アイルランドでは3月17日の聖パトリックの日(St. Patrick's Day)と、7月12日のオレンジマンズ・デイ(Orangemen's Day;ボインの戦闘の記念日、the anniversary of the Battle of the Boyne)がそれぞれ、これに加わる。
 

☆銀行の休日?
 バンクホリデー(Bank Holiday、直訳すると「銀行の定休日」)とはおかしな名前だが、単なる国で定められた休日のことである。これらの休日には銀行が休業して金融取引が行なわれないため、このような名前がついたそうだ。バンクホリデーは1871年(明治3年)から始まったといわれている。銀行同様に、殆どの博物館やいろいろな公共施設が休館になる。また、バンクホリデーが週末と重なると、代休になるようだ。

 バンクホリデーの特徴は、月曜日が多いということである。元旦とクリスマスとボクシングデーは日にちが定まっているが、残り5日のうち4日は月曜日、1日は金曜日である。こちらは土曜日も休みであることが多いので、土日月の3日間を利用して休暇旅行に出掛ける人も多い。イギリス内を旅行する人もいるし、ヨーロッパ大陸の国々に行く人もいる。ユーロスターを使えば、フランスまでたったの3時間だし、飛行機を使えば、1時間ほどで大陸に到着できる。週末だけで充分にヨーロッパ旅行を楽しむことができるのである。
 

☆いつでも休みが取れる社会
 イギリスの休日が日本よりもずっと少ないからといって、こちらの人が日本人より働いているわけでは決してない。日本では、家の用事で一日(または半日)出勤できない時は有給を使うのが普通だが、こちらは、1日ぐらいなら口頭でその旨を伝えるだけで、そのまま休むのが通常のようである。また、数週間の休暇を年間何回も取ったり、毎週末をフルに休んだり、9時-5時で帰る人も決してめずらしくない。
 

 ちなみに、冒頭の外国人の彼女は、言葉と文化の壁があったにも拘わらず、きっちりと定められた期限内に仕事を終わらせて、違う国に渡って行った。休日返上で朝から夜まで頑張ったはずの日本人の私は1年余分にかかってしまったが。
 

☆ランキングに参加しています☆
気に入ってくださったら、 ←クリックしていただけるとうれしいです。

|

« (か) カレイ [鰈、かれい] PLAICE | トップページ | (ふ) ブルタック BLUTACK »

★同じものでも国によって違います。」カテゴリの記事

・その他(イギリス基本情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (か) カレイ [鰈、かれい] PLAICE | トップページ | (ふ) ブルタック BLUTACK »