« (し) ジャファケーキ JAFFA CAKE | トップページ | (か) カップ麺 POT [CUP] NOODLE »

2006年9月11日 (月)

(こ) コンセント SOCKET AND PLUG

Socket_1  イギリスのコンセントは、ばかでかい。だがら、プラグもばかでかい。日本のプラグの2~3倍の大きさである。
 電圧が高いためなのだろうか、コンセントにスイッチが付いている。
 

☆コンセントのABC
 こちらのコンセントは、BFタイプという三つ又のものが主流である。BFの”B”は、”British(ブリティッシュ、イギリスの)”からきている。BS1363型、角3ピンとも呼ばれる。旧イギリス領の地域は、Bタイプを使用しているところが多いようだ。Socket_type_1
 
 ちなみに、日本はAタイプ、ヨーロッパの多くはCタイプである。それぞれ、Aは”American(アメリカの)”、Cは ”Continental(コンチネンタル、ヨーロッパ大陸の)”からきている。
 国によって電圧が違うので、コンセント、プラグの形が違うのは、差し間違いを防ぐのに効果的だと思われる。
 

☆形だけでなく電圧にも要注意
Socket_and_plug  日本の電化製品をイギリスで使う際は、コンセント・プラグの形と電圧の両方の違いを考慮しなくてはならない。日本の電圧は100V(ボルト)だが、イギリスは230/240V。
 コンピューターや充電器などの一部の機器は、100Vから240Vまで対応しているため、コンセントの形にあったアダプターだけで充分な場合が多いが、通常は、コンセントの形にあったアダプターと変圧器の両方が必要である。 

海外旅行用変換プラグBFタイプカシムラ海外旅行用変圧器220V~240V用100W(送料無料) ←アダプターと変圧器(楽天市場)
 

☆ばかでかいのには訳がある
Socket_inside  この国の BFタイプのコンセントやプラグがばかでかいのには、ちゃんと理由がある。プラグの中にヒューズやアースが内臓されているからである。
 電化製品が動かなくなった時はしばしば単にヒューズが切れているだけのことも多いので、電化製品本体より先にプラグをチェックしたほうがよいようだ。
 プラグには大抵1~3個のネジ穴があり、その中心の1~2個のネジをドライバーで外すと、簡単にヒューズを交換することができる。

 ピンと呼ばれる三つ又の差し込みのうち、頂点にあたる一番長いものは、アース部分である。電気スタンドなどのようにアースが必要ないものは線が繋がれていないこともあるが、台所電化製品の多くは既にアース線が繋がっている。だから、日本の洗濯機や電子レンジ、食洗機を設置する際のように、わざわざアース線をつなぐ必要がない。見栄えもよく、どこでも使え、とても便利だ。
 

☆世界一安全なコンセント
 このBFタイプ(BS 1363)は、英国規格協会(BSI)によって、1967年(昭和42年)に規定されたもので、その後の改良を経て、1985年(昭和60年)に英国の基本プラグに指定されたそうだ。世界で最も安全なプラグとも言われている優れものなのである。
 

 ちなみに、コンセント、コンセントと書いてきたが、「コンセント」というのは和製英語だそうである。英語では、”socket(ソケット)”、又は、”outlet(アウトレット)”というのが正しい。プラグは”plug(プラグ)”でOKで、”inlet(インレット)”とは言わない。
 

☆ランキングに参加しています☆
気に入ってくださったら、 ←クリックしていただけるとうれしいです。

|

« (し) ジャファケーキ JAFFA CAKE | トップページ | (か) カップ麺 POT [CUP] NOODLE »

★同じものでも国によって違います。」カテゴリの記事

・日用品(その他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (し) ジャファケーキ JAFFA CAKE | トップページ | (か) カップ麺 POT [CUP] NOODLE »