« (て) 電気ケトル KETTLE | トップページ | (し) 女王 [クイーン] QUEEN »

2006年8月14日 (月)

(り) リーク [リーキ、西洋ネギ] LEEK

Leek  リーク(leek)という野菜をご存知だろうか。日本では、リーキ、ポアロネギ、西洋ネギ、ポロネギ等々、いろんな名前で呼ばれているフランスの冬野菜である。日本の下田ネギに似ているとも言われている。
 

☆似て非なる白ネギとリーク
 こちらに来て、青ネギは見つけたものの、鍋料理に入れるような白ネギが見つからなく探していた。その時に目にしたのがリークである。太く白い茎は日本の白ネギをずんぐりとさせたような感じ。
Leek_leaf 上の青い部分は、白ネギのように袋状ではなく平らで、だいぶ違うようだが、使ってみることにした。
煮たり、そのまま食べたりしてみたが、白ネギ特有の匂いやピリリとした辛さがなく、白ネギの代用としてはちょっと難しいようである。
 
 
☆人気のリークとジャガイモのスープ
 しかし、リークは煮ると甘くトロリとしてとてもおいしい。
 上の青い部分は加熱しても繊維質が多く硬くて食べにくいため、スープに使われるのが一般的である。フランスの有名なジャガイモの冷製スープ、ビシソワーズではこのリークが使われている。
Leek_soup  イギリスでも、リークとジャガイモのスープはかなりメジャーで、どのスーパーにも市販品が置いてある。トロリとしたスープで、リークの甘さと香りが効いているような気がする。

 日本ではリークの代わりに白ネギを使っているビシソワーズのレシピが多いようだが、リークが白ネギの代用にならなかったのと同様に、白ネギを使ったレシピではまたちょっと違う味になるのかもしれない。
 

☆白も青も焼いてみよう
Leek_negima_1  洋風のリークのスープ以外に何かいい使い道はないかと思案していたところ、「焼いたら香りがたって、いいかもしれない。」と連れ合いが助言をくれた。早速、幾つかリークを焼いて作る料理を作ってみた。

 まず、白ネギの代わりにリークの白いところをを使ったねぎまの焼き鳥。そのままでは太いのでばらして巻き直して挟んでみた。写真では、リークがパサパサしているように見えるが、実はふっくら柔らかく、白ネギや青ネギとはまた一味違った甘いねぎ味が食をそそる一品に仕上がった。ちなみに、写真の串はバーベキューサイズ。長さ30cm。

Leek_pudding  もう1品は、ヨークシャープディングのリークソース詰め。リークの上の青い部分を使用。実は、この部分は、もったいないとは思いつついつも、いつもゴミ箱行きになっていた。普通に煮たり、炒めたりしただけでは硬くて食べれなかったからだ。
 今回は、粗みじん切りにしてじっくり炒めたものをホワイトソースにして、市販のヨークシャープディングに詰めて、オーブンで焼いてみた。驚いたことに、リークの香りと歯ざわりがほどよく、もてなし料理の1品として出せるほどのものになっていた。
 
 
☆お国変われば札変わる
 日本では、リークはおそらく1本数百円はするだろう珍しい野菜であるが、こちらでは一年中どこのスーパーでも手に入れることできる、1本0.3ポンド(約60円)ほどの手軽な野菜だ。逆に、たまにオリエンタル食品店やロンドンの日本食材店で見かける白ネギは、価格は忘れたが大変高価だった。

←こちらはリークの種(楽天市場)
 

☆ネギを身につけたイギリス人?
 ところで、リークはラッパスイセン(daffodil)とともに、イギリス(UK)の国の一つ、ウェールズの国章だそうだ。愛国心の強いウェールズ人は国の記念日である3月1日の聖デービッドの日を、リークとラッパスイセンを身につけて祝うのだそうだ。見たことがないのだが、スイセンはともかくネギを身につけるというのは何だかおもしろい。
 

☆ランキングに参加しています☆
気に入ってくださったら、 ←クリックしていただけるとうれしいです。

|

« (て) 電気ケトル KETTLE | トップページ | (し) 女王 [クイーン] QUEEN »

★イギリスにはこんな〇〇なものがあります。」カテゴリの記事

・食材(野菜・果物)」カテゴリの記事

コメント

またまた40年前に渡英していた母によると
リークとジャガイモのビシソワーズは知っていました。

母はすきやきに入れようと細かくきざんだりしたけれど
うまくいかなかったそうです。

私がイギリスにいったときにはリークにはお目にかかれなかったけど、アーティチョーク?だったかやたら固い木の芯みたいのを出されて辟易した思い出があります。

ねぎまもおいしそうですが、ヨークシャープディングのリーク詰め、とても凝っていておいしそうですね!
ちなみに、このお料理をつくるのに何分くらいかかるのでしょうか?

私はできるだけ早くおいしくつくれるものが楽ですきなのですが、やはり手間暇かけたお料理にはかないませんね。

またあたらしいお料理を紹介して下さい。

投稿: ぱんちゃん | 2006年8月14日 (月) 20時47分

ぱんちゃん、コメントありがとうございます。

お母様、40年前にすき焼きにトライされたとは、すごいですね。
今でも、日本食材店に行かなければ入手できない材料が多いような気がします。

アンティチョークはまだ使ったことはないのですが、よく出回っていますよ。

ヨークシャープディングのリーク詰めですが、恥ずかしながら、実はとても簡単なお手軽料理です。
時間は、全工程入れて2、30分といったところでしょうか。もっと少ないかもしれません。
リークを炒めたりオーブンで焼いたりするのに時間を費やしただけでした。
リークを巻き直して串に刺している分、ねぎまのほうが時間がかかったような(笑)。

投稿: ろっきぃ(管理者) | 2006年8月14日 (月) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (て) 電気ケトル KETTLE | トップページ | (し) 女王 [クイーン] QUEEN »