« (る) ルバーブ RHUBARB | トップページ | (か) カニカマ SURIMI [SEAFOOD (FISH) STICK] »

2006年4月10日 (月)

(わ) ワッフル WAFFLE

 こちらには様々な種類の市販のカスタードクリームがある。何かの折に、いろいろ味わってみようということになった。そのままでは心もとないので、ワッフルか何かにつけて食べることにした。Waffle_corn

☆ワッフルといえば、ベルキーワッフル 
 ワッフルといえば、ベルギーワッフル。同じEU加盟国だし地図を見てもらえばすぐわかるが、間に海峡を隔てているものの、ロンドンから、ベルギーの首都ブリュッセルまでは、UK内のスコットランドの首都エディンバラまでよりも距離的にずっと近い。ベルギーチョコレートにしろ数多く出回っていることだし、ワッフル、特にベルギーワッフルを探すのはわけないと思っていた。Waffle_american
 

☆それほど普及していない? 
 しかし、残念なことに、イギリスでは思ったよりはワッフルは普及していないようである。田舎町なので特にそうなのかもしれないが、町にワッフル屋というようなものは見かけない。スーパーなどでもアメリカンスタイルのワッフルが数品と、アイスクリーム用のワッフルコーンが数種類あるぐらいだった。ベルギーワッフルを置いている店も当然少なかった。Waffle_belgian

 ともかく、それらのワッフルを試してみた。アメリカンスタイルのものは、日本のものとあまり変わらない。四角い甘いワッフルで、トーストするとカリッとしておいしく、カスタードクリームによく合った。ベルギーワッフルは、より弾力があって、とバターの味が濃い感じ。とてもおいしかったが、これも日本で食べたベルギーワッフルとあまり変わらないような気がした。
 

☆イギリス特有のワッフル---ポテトワッフル Waffle_potato
 お菓子ではないが、実はイギリスには、この国特有のワッフルがある。ポテトワッフルというものである。

 イギリスはジャガイモ大国と言っていいほど、ジャガイモ製品が多い。ポテトチップス(クリスプス)、ポテトフライ(チップス)、ジャガイモ料理など。特に冷凍のポテトフライは数多くあり、通常のクシ型やシューストリング型以外にも、スマイリーマークやアルファベットの形のものまである。
 ポテトワッフルもその1つで、ワッフルの形をした冷凍ポテトフライである。お菓子のワッフルと違って、格子間の穴が完全に空いている。こちらの人はソーセージやベークドビーンズに付け合せたり、スクランブルエッグを間に挟んだりして、朝食などに食べているようである。Waffle_potato_sandwich

 大抵、どこのスーパーにも置いてある。普通のポテトフライと形が違うだけだとは思いつつ、早速、味わってみた。
 軽く下揚げされているのか、グリルで10分ほど焼くだけで香ばしいポテトワッフルが出来上がった。
 自家製のツナトマトペーストを上に乗せて食べた。穴が開いているにも拘わらず、ペーストが隙間から落ちてくることもなく、カナッペのように味わうことができた。
 味は確かにポテトフライの味なのだが、食べてみて、通常のポテトフライとの違いに気が付いた。普通のポテトフライは、ソースをかけて(又はソースに漬けて)食べることしかできない。それに対して、ポテトワッフルは、薄切りのフランスパンのように上に物を乗せて食べることができるし、サンドイッチのように2枚の間に物を挟むこともできる。これはなかなかのアイデアだなと思った。
  

 ちなみに、イギリスにはもう一つ、この国特有のワッフルがある。「中身のない話(をする)」という意味の”waffle(ワッフル)”という単語である。これはアメリカ英語にはないものだそうだ。実際に使っている場面にまだ出くわしていないので、残念ながら例を挙げることができないのだが。
 

☆ランキングに参加しています☆
気に入ってくださったら、 ←クリックしていただけるとうれしいです。

|

« (る) ルバーブ RHUBARB | トップページ | (か) カニカマ SURIMI [SEAFOOD (FISH) STICK] »

★同じものでも国によって違います。」カテゴリの記事

・飲食物(菓子・デザート)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (る) ルバーブ RHUBARB | トップページ | (か) カニカマ SURIMI [SEAFOOD (FISH) STICK] »