« 索引 (Z) | トップページ | コメント・TBについて »

2006年3月 2日 (木)

はじめに

 はじめまして。
 ろっきぃのえーもん字引にようこそ。

 これは、渡英して間もないろっきぃが、イギリスにあるもの(えーもん)を、片っ端から、紹介していくブログです。
 「イギリスに興味はないけど、何か目新しいものはないかな」と思っている方、ろっきぃと一緒に、えーもん(英物)にえーもん(いいもの)を見つけませんか。

 記事の内容は、大まかに以下の3つに分類されます。
  ・イギリスにはこんな〇〇なものがあります
   ・同じものでも国によって違います。
   ・日本のこんなものも調達できます。
 

・イギリスにはこんな〇〇なものがあります。
 「〇〇なもの」は、「変わったもの」「面白いもの」「便利なもの」など。日本では見かけないものを紹介します。

 私達の身の回りはイギリス発祥のものが溢れていることをご存知ですか。
 古いところでは、お馴染みのシェークスピアやビートルズ。現代ドラマの基本的な構成は、シェークスピアの作品で網羅されているそうです。その音楽バージョンがビートルズ。現代音楽の全てのパターンを網羅していると言われています。

 文化だけではありません。サッカー、テニス、ゴルフなどのスポーツも皆、イギリスが発祥です。また、科学においても、ニュートン力学、ファラデーの法則(電磁波の発見)、ダーウィンの進化論、そして、近年のバイオテクノロジーを飛躍させたDNAの構造予測も皆、イギリスで発見されました。

 古い、お堅いものばかりでもありません。子供達に人気のくまのプーさん、きかんしゃトーマス、ピーターラビットもイギリス発祥。最近では、ハリーポッターや、テレビ番組の(クイズ)ミリオネアもそうですね。変なところでは、ミニスカートやスマートキャンドル(LEDろうそく)などなど。

 今でも、イギリスには、私達日本人が知らない珍しいものがいっぱいです。ここではそういうものを紹介していきたいと思っています。
 イギリスは、ヨーロッパ大陸に近く、EU加盟国なので、フランスやイタリア、ドイツなどの文化や物も多く出回っています。旧植民地のインドや香港のものも多くあります。イギリスオリジナルのものだけでなく、現代のイギリスに溶け込んだこれらの国のものも、えーもんとして紹介します。
 

・同じものでも国によって違います。
 日本にも同じ名前のものや似たようなものはあるのだけど、ちょっと違う。そういうものも紹介していきます。形状が違ったり、使い方が違ったり、習慣が違ったり。さて、日本のものとイギリスのもの、どちらに軍配が上がるでしょうか。
 

・日本のこんなものも調達できます。
 「毎日洋食ばかりで、日本食が恋しくない?」なんて、しばしば訊かれます。しかし、うちは基本的に毎日和食です。イギリス料理だって決して悪くないのだけど、根っからの日本人は、やっぱりどこでも和食が食べたいものです。

 実は、日本特有のものと思っているものが、名前や形を少し変えて、イギリスの日常品になっていることがよくあります。ここではそういうものも紹介していく予定です。
 渡英を考えているものの、情報不足や様々な悪評で不安に駆られている方や、イギリスに大切なご家族やご友人をお持ちの方のご参考や会話の潤滑油にしていただければうれしいです。もちろん、ロンドンで奮発すれば、今や簡単に日本の輸入物を手にすることができますが、イギリスの田舎で貧乏暮らしもこれで怖くないはず(?)です。
 

 えーもん紹介の前に、まずは、えーもんがある国、イギリスの紹介です。最初の記事は、知ってそうで、案外間違っている人の多い、「イギリス -国名-」についてです。
 では、ゆっくりお楽しみください。

|

« 索引 (Z) | トップページ | コメント・TBについて »

ご挨拶と特別企画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。